「 子育て、親子関係 」 一覧

恥ずかしいなんて思わないで! 赤ちゃんに話しかけてあげる効果

  人は、誰かとコミュニケーションを取るために言葉を使います。 大人でなくても、ある程度以上の年齢になると、話しかけた言葉に対して適切に返事が来ますよね。 では、赤ちゃんはどうでしょう。 赤 …

子どもを褒めるってどこまでokなの?真似したい上手な褒め方とは

  突然ですが、あなたは褒められるのと叱られるの、どちらが好きですか? 私は断然褒められる方が好きです! あなただってきっとそうではないでしょうか。 もちろん、叱られた方が伸びるタイプだと自 …

【毒母】なにかにつけ反対する母親とうまくいかない どうすればよい?

  母親は子どもに無償の愛情を注ぎ、子どもはその愛情を受けて育つ。 そしてやがて巣立ち、母親を尊敬しながらもいい距離感を保った関係性を築く。 このような理想の親子関係は、必ずしもすべての親子 …

子どもによい金銭感覚を身に着けさせるにはどうすればよいか

2019/08/06   -子育て、親子関係

  子どもがある程度大きくなると、お金を自分で使う機会というものがでてきます。 例えば、小学生くらいになると遠足のお菓子を予算内に合わせて自分で買うということがあるのではないでしょうか。 子 …

あなたの心を豊かにする禅語7選。実は生活に根付いている教え

  禅語という言葉を聞いたことがありますか? 禅語とは、禅の教えが詰まった言葉のことです。 禅は、瞑想したり、修業しないと触れられない偉大なものだという気がしますよね。 でも禅語をよくみてい …

子どもの『なんで?どうして?』に大人としてどう答えたらいい?

  子どもを育てたことのあるお父さんお母さんや、子どもと接する機会の多い保育士さんなどは子どもの『なんで?どうして?』という疑問を投げかけられることがあるでしょう。 心理学の世界では、子ども …

引っ越しがストレスになる?引っ越しうつを予防する方法とは

マイホームを建てた、結婚して住所が変わるなど、人生において引っ越しをするというのはそう珍しいものではありません。 転勤族だったら、短期間で何度も引っ越しをするということもあるでしょう。 私自身、転勤族 …

リフレーミングってなに?子育てにいかして、気持ちを楽にしよう

  子育てって大変ですよね。 私も0歳児を1人育てていますが、これが意外と大変なんです。 だって、言葉が通じないんですもん。 なんで泣いてるの?お腹すいたの?オムツ濡れてるの? こんなことを …

夫にニートと言われたら。専業主婦を理解してもらうための行動

  専業主婦の仕事を、夫にわかってもらいないことが多いと思いませんか? 家族の安心・安全な生活を守る社会貢献しているのに、働いていないニートだと思われると心外です。 自分の時間が無く、お休み …

子どもが人の物を勝手にとって来てしまったら?効果的な注意の仕方

子どもの荷物を整理していると、なにやらそこには見慣れないものが…。 あれっ?と思いよくよく見てみると、そこには我が子と違う名前が書いてあった。 こんな経験ってありませんか? もちろん、ただお友達から借 …

共感力が低いと言われてしまった!共感力はどうしたら高くなる?

共感力ってなんのことでしょう。 文字を読むと、共感する力ってことですよね。 共感とは、誰かの考え方や主張に対して、同じ気持ちを持つことを意味します。 会話には、共感をすることが大切だといわれています。 …

仕事上で指摘をしたいけど嫌がられる。上手に指摘をするには?

  仕事をするうえで、誰かと関わり合いを持つことは少なくはないですよね。 上司や同僚、あるいは後輩とチームを組んで、何かの仕事をやり遂げることがあります。 でも、その時に間違いが合ったらあな …

もし自分の子がいじめにあっていたら、親としてできること

自分の子がいじめにあっていたら、あなたは親としてどう対応しますか? 昨今では、いじめが深刻化して、最悪の場合は…なんてことも考えられますよね。 私にも小さな子供がいて、この子がいじめられたら私は親とし …

パートナーが社会人学生になったら?話し合うべき家族運営のコツ

会社員の夫が 「働きながら、もう一度学校で学び直したい」と言ってきたらどうしますか。 時間やお金の使い方が、今までの生活と変わってしまいますよね。 金銭面、家族の生活面、シミュレーションして、しっかり …

女性の更年期の症状と家族の関わり。我慢しないで家族と乗り越える

更年期障害は、なんとなく不調になり、なんとなく気持ちが落ち込むことが続き、「私ってどうなっちゃったのかな」と思い悩み、余計に不安になるものです。 それは、エストロゲンの減少によってホルモンのバランスが …

選択制夫婦別姓になったらメリットは?誰もが当事者だから考えたい

結婚したら「旦那さんの姓になるんだ」と、名前が変わることにちょっと憧れがある女性もいるでしょう。 実際に結婚したら、姓が変わったことで変更するものの多さにうんざりします。姓が変わることを軽く考えていた …

事実婚って実際どうなの?知っていた方が良いメリットとデメリット

結婚といえば、婚姻届けによって苗字が同じになり、結婚式をして、親戚付き合いをして、子どもができて、家族が増えていく、それが一般的な結婚でした。 結婚よって女性は、苗字が変わり、夫の扶養に入ります。一方 …

加害者にならないために。親に免許返納を促すためのアドバイス

高齢者ドライバーによる事故が後を絶ちません。 ニュースを見ている分だと、「高齢者はすぐに免許を返納するべき」だと強く思いますが、自分の親に確実に免許を返納するように説得できるでしょうか。 仕事や生活に …

今すぐ親に終活してもらうための4つのこと

昨年、私の父が亡くなりました。 1年間の闘病生活をし、その間、私は2ヶ月に一度のペースで関西から北陸へと看病しに行っていました。 父にたくさんの心配をかけてしまっていた私は、死に際に、父に怒られてしま …

男性必見!妻が出産後1年以内に妊娠したら夫ができる家事をする方法

第2子目を妻が妊娠したら、嬉しさ一杯です。しかし第1子の時と違うことがあります。 それは、子育てをしながらの妊娠であるということ。 第1子の育児、家事を一遍に行わなければならず、精神的、肉体的にも負担 …