メンタルケア 心理学 感情

アンガーマネジメントの効果って? 超簡単にできる4つの方法 

投稿日:2019年4月26日 更新日:

ここ数年は、新聞やテレビを見ると、毎日のように「パワハラ」だの「セクハラ」だの、やたらと「〇〇ハラスメント」という言葉が目に入ってきます。 

それらを見るたびに、「自分はそんなハラスメントを起こす人間にはならない」と言い聞かせていますが、人間ですから、生きていれば人に対して腹が立って、ギャフンと言わせてやろうと思うことがあり、自分でも恐ろしくなることがあります。 

 その原因のほとんどが“怒り”です。 

怒りが生じた時に、そのまま怒りの感情に任せてしまうと、誰かを傷つけてしまいます。ムカとする気持ちを何とか落ち着かせて冷静に振る舞うことができれば、あなたは他者から慕われる存在になるのです。 

そこでおすすめなのが、アンガーマネジメントです。 

 今回は、巷で流行っているアンガーマネジメントについて御紹介していきます。 

Sponsored Link

 アンガーマネジメントの目的 

アンガーマネジメントってなんなのでしょうか? 

名前のとおり、アンガー(怒り)をマネジメント(管理)することです。怒りが深刻な状態になり、誰かを傷つけたりしないように、うまく制御して管理することですね。あくまでも、“怒らないことではなく、怒りをコントロールすることなので、そこを間違えないようにしてください。“怒り”が生じることには問題ありません。 

 

実際に効果があるのかどうかについて疑問が出てきますが、最近では多くの企業が研修を導入しています。 

組織の中で多い問題が、パワハラです。立場や年齢を使って、人の嫌がることをしてはいけない、といった認識がなされてきている昨今では、アンガーマネジメントによる予防は需要が増えています。 

 

一昔前のリーダーや、管理職は、強い口調で叱ることによって、部下を動かしてきましたが、今の時代にそれをしてしまうと、パワハラになります。うまく怒りをコントロールして、冷静に叱ると、部下も素直に言うことを聞いてくれるので、結果的に組織にとっては有益となります。 

では、実際にどのようなことを行えばよいのか、それは主に4つあります。 

アンガーマネジメントの方法① “怒り”に気づくこと 

アンガーマネジメントは、“怒り”を自分でコントロールする技術ですから、まずは自分の感情を客観的に見ることが重要になります。日頃から、「あ、今イラッとしたな」、「かなりムカついている」など、自分の“怒り”に意識を向けてみましょう。 

アンガーマネジメントの方法②6秒間待つ 

「怒りのピークは6秒間」と言われています。嫌なことが起きて、頭の中が沸騰した際は、噴火させるのではなく、“6秒間”だけ我慢するようにしてください。「今、相当イライラしてるな。1,2,3,4,5,6,」といった風に心の中で数えていくと、次第に収まります。 

アンガーマネジメントの方法③紙に書く 

我慢するといっても、それを心の中に溜め続けてしまうと、今度は自分が辛くなってきます。外に吐き出すことも大事ですね。“怒り”の矛先を、人間にしてしまうと、大きな問題になるのですが、代わりに「紙」に書いてしまえば、問題はありません。カッとなったときは、その感情を、紙に書きなぐれば心が落ち着いてきます。 落ち着いたときに読み返せば、どんな時に怒りがわきやすいのか、自分の傾向を知る手掛かりにもなります。

アンガーマネジメントの方法④健康的な生活 

最も大事なことは、心身が健康であることです。心と体に余裕がなくなってしまうと、それほど怒りの感情を制御しにくくなってきます。当たり前のことですが、規則正しい「食事、睡眠、運動」を心がけて、健康を保ちましょう。 

 アンガーマネジメントの方法 まとめ 

  1. 怒りに気づくこと 
  2. 6秒間我慢する 
  3. 紙に書く 
  4. 健康的な生活 

 些細なことがきっかけで、人間関係はこじれてしまうもの。あなたがカッとなってしまったせいで、本当に大事な人を傷つけてしまうことだってあります。そして自己嫌悪・・・なんて負のループにはまらないよう、アンガーマネジメントに取り組んでみましょう。今回のことを意識すれば、多くの人と良好な関係を築くことができ、毎日が楽しくなりますよ。 

アンガーマネジメントに関する書籍もたくさんあります。ぜひ読んでみてくださいね!

-メンタルケア, 心理学, 感情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体調不良は配偶者が原因かも。カサンドラ症候群の原因とケア方法

  あなたはカサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか? この言葉はよく、アスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラム障害と対にして聞かれることが多い言葉です。 自閉症スペクトラム障 …

家計を助けて!専業主婦の妻に働いてもらうための3つの技

今の社会では共働きが当たり前になっています。 女性が働くようになった理由として、社会とつながっているために働くなど、人それぞれあるでしょうが、おそらく多くの方は、“家計を助けるため”ではないでしょうか …

涙もろくて人前ですぐ泣くことを直す方法。誤解されるのが辛い人へ

  「泣けば許されると思ってるの?」 「泣いてないで、ちゃんとしてよ」 と、相手から言われたたことはありませんか? 人前で泣くのは、わがままとか、かわいそうな私に同情して欲しいと思われること …

ツイッター廃人とは?健康的にツイッターを使うための対策4つ

  「いつもツイッター見てるよね」って家族や友達に言われたことはありませんか? 癖のように、無意識でツイッターを見てしまうのは、もうツイッター廃人です。 人と一緒にいてもツイッターを見てしま …

季節の変わり目にご用心!季節性うつの原因と対策

  季節の変わり目って、体調を崩しやすいですよね。 でも、実は体だけじゃなく、心の方も季節の変わり目に崩れやすいんです。 もし毎年、季節の変わり目に気分が落ち込んだり抑うつ気分になったりとい …