コミュニケーション

令和元年!日本人なら知っておきたい、大切な人に贈りたい万葉集の和歌

投稿日:2019年4月16日 更新日:

2019年4月1日昼頃、新元号が「令和」と発表されました。

漢字には、令和の令は、“おめでたい”や、“喜ばしい”という意味、和は、“調和”や、“なごやか”という意味がそれぞれにあります。令和に込められた意味は、“人々が美しい心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく”というものです。

この「令和」は、日本古典の万葉集からつけられました。万葉集とは、7~8世紀の日本で、さまざまな職業の人が詠んだ和歌が集められたもので、季節や自然を楽しんで感じる心や、愛する人への気持ちが和歌という形で残っています。

令和をきっかけに万葉集を知ったのですが、その中から大切な人に贈りたい和歌をご紹介します。

Sponsored Link

大切な人に贈りたい和歌①長くあなたを思う、恋愛の歌

万葉集には、恋愛の歌が多くあります。相手への気持ちを詰め込んだ歌は、時代を越えても人の心を切なくさせます。

『わが背子(せこ)と 二人みませば幾許(いくばく)か この降る雪の 嬉しからまし』 光明皇后

意味:私の好きな人と雪を見たら、どれほど嬉しいことでしょう。

雪が降っている美しい景色を好きな人の隣で見ると、格別に美しいもののように感じます。好きな人に会いたい!という思いの籠った歌ですね。

 

『白鳥の 飛羽山松の待ちつつぞ わが恋ひわたるこの月のころを』 笠女郎

意味:白鳥の飛ぶ山の松のように、何か月もあなたを思って待っています。

私の気持ちが変わらずに、何千年も生きる松のように長く、あなたを待っているという気持ちがわかります。美しい白鳥から始まる歌は、美しい光景が浮かびます。

 

『思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』 小野小町

意味:思いながら眠ったら、夢に出てきてくれただろうか。夢だとわかったら、覚めなかったのに。

「あなたが夢にでてきた」と聞くと、相手は「そんなに思われているのか」と、好きな気持ちが伝わります。寝ても覚めても相手のことを思うほど、愛おしく思っているのです。

万葉集の中の恋愛の歌は、美しい風景と共に、相手への思いや、これからも長く同じ気持ちでいることを伝えることができます。

大切な人に贈りたい和歌②自然の変化が美しい季節の歌

万葉集には、季節の美しい情景が歌も数多く収められています。

 

『久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ』 紀友則

意味:こんなに日の光がきれいな春の日なのに、落ち着きも無く桜の花は散ってしまうのでしょうか。

桜が散っていく物悲しさと、優しい春の光が神々しいくらいの美しさを想像させます。

 

『風ふけば 蓮の浮き葉に玉こえて 涼しくなりぬ日ぐらしの声』 源俊頼

意味:風が吹いて、蓮の葉の中にある露の玉が転がって散り、涼しくなってきたと思ったら、ひぐらしの声が聞こえます。

ひぐらしが鳴く夏の夕暮れの中、蓮をゆらす風の涼しさと、蓮の中心に溜まっている水が動く様子の涼しさが、夏の暑さの中でも際立つ情景が浮かびます。

 

『秋去れば 置く露霜にあへずして 都の山は色づきぬらむ』 遣新羅使(けんしらぎし) 

意味:秋がやってきたら、露や霜に耐えかねて、都の山は紅葉します。

紅葉をしているのを見ると、秋が来たなと感じますが、気候が変っていく様子を露や霜まで想像することの美しさや、発想の豊かさに感動します。

万葉集の季節の歌は、見逃してしまいそうなくらい、ちょっとした自然のものの動きや変化を表した心豊かな歌です。四季を愛でる日本人の感性が存分に発揮されていますよね。

大切な人に贈りたい和歌③家族との別れの歌

万葉集の別れの歌は、防人(さきもり)といって、防衛のために北九州に派遣された兵士たちが残した歌があります。

 

『父母も 花にもがもや草枕 旅は行くとも捧ごてゆかむ』 丈部川相(はせつかべのかはひ)

意味:父母が花だったら、手で持って一緒に行けるのに。

両親と別れる寂しさから、両親が花だったら一緒に居られるのにとさえ思ってしまう気持ちが表れています。

 

『真木柱 ほめて造れる殿のごと いませ母刀自面変はりせず』 坂田部首麻呂(さかたべのおびとまろ)

意味:立派な御殿の柱のように、変わることなく、いつまでも丈夫でいてください。

家から離れる息子から、母には変わらずに元気でいてほしいと、母を思う気持ちです。

 

『松の木の並みたる見れば家人の 我を見送ると立たりし如』 物部真嶋(もののべのましま)

意味:松の木が並んでいるのを見ると、家族が見送ってくれたことを思い出します。

防人の家族との別れを悲しむ気持ちが伝わってきます。家族を思う気持ちは、いつの世も変わらないのだと思います。

大切な人に贈りたい万葉集の和歌 まとめ

1、長くあなたを思う、恋愛の歌

2、自然の変化が美しい季節の歌

3、家族との別れの歌

万葉集の和歌を知ると、歌をよんだ気持ちを共感ができたり、想像できることが多くありました。この機会に大切な人と和歌の世界を楽しんでみては?これから始まる令和という時代には、どのような豊かな文化が生まれるのか楽しみです。

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人を誘うのが苦手な人が、気楽に誘い上手になるための方法4選

友達から「今度、食事行こう」って、お誘いの連絡がくると、嬉しい気持ちと同時に、どうしてあっさり誘えるのかな?って思ったことありませんか? 人を誘うのが苦手な人は、断られることが怖くて、思ったように誘え …

喧嘩ゼロ!!人と喧嘩をしなくなる秘伝の技3選

  最近、喧嘩をしましたか? 喧嘩をすると疲れますよね。 それでも人間である限り、腹が立って喧嘩をしてしまいます。   恋人と些細なことで喧嘩をしてしまった 親と進路について喧嘩を …

あなたも男の中の男になろう!!男が惚れる男の8つの特徴

「男が惚れる男」こそ、本当にかっこいい男だと思いませんか? アニメや映画の主人公に出てくるヒーローに、「自分もあんな風になりたい」と男は思いますよね。 でも、今の自分を振り返ってみると、そんな「男が惚 …

ストレス解消に聞きたい!元気が出て励まされる、おすすめの音楽7選

  嫌なことがあった、イライラする、そんなとき、音楽を聞いて気分が上がったことはありませんか? 聞いているだけで、気分が高揚してくるくらいのエネルギーのある曲を聞くと、いつの間にか嫌なことを …

ママ友って本当に必要?ママ友がいないことによるメリット4つ!

  公園デビューから、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校…子供が成長していくのはとても喜ばしいことですよね。しかしその過程でその都度登場する、同級生の保護者たち。あなたには「ママ友」はいま …