コミュニケーション

あなたも男の中の男になろう!!男が惚れる男の8つの特徴

投稿日:2019年4月12日 更新日:

「男が惚れる男」こそ、本当にかっこいい男だと思いませんか?

アニメや映画の主人公に出てくるヒーローに、「自分もあんな風になりたい」と男は思いますよね。

でも、今の自分を振り返ってみると、そんな「男が惚れる男」になっているでしょうか。そう言われて落ち込んだあなたにも、まだまだチャンスはあります。

今回の記事では、“男が思ういい男”の特徴を挙げてみましたので、それを見て、あなたも私も一緒に“男の中の男”を目指してみませんか?

Sponsored Link

強いリーダー

冒頭に書いた、アニメや映画の主人公に特徴的なのがこの部類ですね。みんなを引っ張っていくリーダー的存在です。責任感と男気に溢れ、自分の大切な人のためであれば、どんな危険な状況でも自分の身を犠牲にして守る。「この人には逆らえない」と思わせるだけのオーラを漂わせている人は、無条件で男が惚れ込みます。

面白い

お笑い芸人さんがみんなから人気であるように、場の雰囲気を明るくしてくれる人の周りには人が集まってきます。いつも笑わせてくれる人は男でも好きになりますし、何よりも女性を笑わせることができる男の人には尊敬の念をいだきますよね。

優しい

優しい人は、“ただの優しい人”ということで、あまり印象に残らないかもしれませんが、それを上回るほどの優しさを持っていれば、“器の大きい人”として認識されます。大事にしている車や食器を壊されても動じない。部下が大きなミスをしても感情的に怒らない。など、何事にも寛容的な男の人には、「この人に付いていこう」と思わせるものがあります。ただし、適度に“叱る(相手の悪い部分を注意)”ことは大事です。

お金持ち

言わずもがなですが、経済的余裕は誰にとっても羨望の的です。“金の切れ目が縁の切れ目”状態になっては意味がありませんが、自分で稼いだお金を“人のため”に使っている人は、とても魅力的で、男からも慕われることでしょう。

努力家

表では出さないけれど、裏ではとてつもない努力をしている人ってかっこよくありませんか?

テスト前に、全く勉強してなさそうに振る舞っているのに、実は必死で勉強していた、なんていう人いましたよね。

自分の目標に向かって、ひたむきに努力ができる人は誰の目にも魅力的に映るはずです。何よりも説得力があります。

外見が良い 

「イケメン」に関しては、男性よりも女性目線なのかもしれませんが、見た目が良い男性には、男女ともに目を惹かれますよね。特に、年月を経て、経験豊富なダンディな男性には、男であろうと色気を感じます。また、しっかりと体を鍛えていると、なお良いです。 

 逆境に強い 

いくら見た目や中身が良くても、“いざという時に頼りにならない”人には幻滅してしまいます。近年は、災害が多いですから、災害時に「どうして良いかわからない」とあたふたしている姿を見てしまうと、その人の評価は下がってしまいます。逆に、そうした状況でもテキパキと動いて、みんなを安心させてくれる男の人はかっこいいですね。 

知性がある、頭がいい 

知性のあふれる男性には、何か人を引きつけるオーラがあります。周りの人が気づかない些細な部分まで気を配ることができたり、難解な問題をスパッと解決して道を開いたり、男は、頭のいい男性になりたいと思うものです。 

あなたも男の中の男になろう!!男が惚れる男の8つの特徴  まとめ 

  1.  強いリーダー 
  2. 面白い 
  3. 優しい 
  4. お金持ち 
  5. 努力家 
  6. 外見が良い 
  7. 逆境に強い 
  8. 頭がいい 

奥さんや恋人から、あまり男として褒められなくなった。友人から、ちょっと馬鹿にされてしまう。 そんな人達は、今回の特徴を参考にして、もう一度“かっこいい男”を目指しませんか?

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフレーミングってなに?子育てにいかして、気持ちを楽にしよう

  子育てって大変ですよね。 私も0歳児を1人育てていますが、これが意外と大変なんです。 だって、言葉が通じないんですもん。 なんで泣いてるの?お腹すいたの?オムツ濡れてるの? こんなことを …

親子間のSNSをどう付き合う?勝手に投稿されてしまった時の対処法

SNSが発達して、みんなが表現者になりました。ビジネスで利用する人も多いですが、日常の出来事を投稿し、友人と素早く共有できるのもSNSの利点ですよね。 しかし、自由で手軽に投稿できるがゆえ、勝手に写真 …

すぐ怒る人はイヤ!怒りっぽい人に共通する特徴と対処法

  あなたの周りに怒りっぽい人はいませんか? いつもイライラしている、うまくいかないことがあるとすぐカッとなる、よくわからないポイントでキレる…。 そういう人にはあまり近づきたくないですよね …

シングルマザーのための“思春期息子”の3つの接し方

世の母親ってすごいなと思います。 子育てを経験している母親には一生かかっても勝てません。 私は育児すら、まだ経験していないので本当の意味で“凄さ”を理解できていないと思いますが、成人をしてからは、「こ …

引っ越しがストレスになる?引っ越しうつを予防する方法とは

マイホームを建てた、結婚して住所が変わるなど、人生において引っ越しをするというのはそう珍しいものではありません。 転勤族だったら、短期間で何度も引っ越しをするということもあるでしょう。 私自身、転勤族 …