コミュニケーション メンタルケア

あなただけに心を開く!? 精神的に不安定な人と仲良くなるには3つのことを守ろう!

投稿日:2019年4月8日 更新日:

バラエティ番組などを見ていると、たまに「情緒不安定か!」なんてツッコむ芸人さんがいますけども、お笑いのボケではなく、本当に精神的に不安定な人は多くいます。

情緒だけでなく、打たれ弱かったり、対人恐怖症の方であったり、様々なタイプの人達がいます。

私の彼女も精神的に不安定なタイプと言えます。彼女は非常に心が弱い人なんですね。たとえ冗談であったとしても、私が「うるさい」や、「そういうことをしたらダメでしょ」と注意をしただけで、ものすごく落ち込みます。タイミングの悪いときであれば、泣いてしまうこともあります。正常な人であれば全く気にならない程度のものです。むしろ凄く優しく聞こえる口調だと思います。年齢的にはいい大人なんですが。

そうした経験の中で、精神的に不安定な方への接し方がわかってきたので、皆さんにも共有をしようと思います。基本は3つです。

Sponsored Link

接し方①否定をしない

一番やってはいけないのが、この「否定」です。精神的に不安定な人は、過去にひどい仕打ちを受けるなどして、心に傷を負っている人が多くいます。常日頃から他人と比べて劣ってしまっている自分に対してコンプレックスを持ってしまっていますから、追い打ちをかけるように他者から何かを否定されてしまうと、人格そのものを否定されてしまったと感じてしまいます。人格を否定することはもっての外ですが、言動に対して、たとえ意見が食い違っていたとしても、そこは相手のことを考えて受け流してあげることが大事です。

接し方②理解をしてあげる

人は、自分が理解のできない人やモノが存在すると、受け入れがたいですが、頑張って理解をするように努めてみましょう。「この人は、どうしてこのような行動を取るのだろうか」、「何をすれば喜ぶのか」など、時間をかけて相手のことを観察したり、話をじっくりと聞くことで、徐々に接し方がわかってきます。そうすると、相手もあなたに対して警戒心が薄れてくるので、良好な関係が築けるようになっていくと思います。

接し方③褒める

「否定をしない」ことに繋がりますが、精神に問題を抱えている人は、幼い頃に親や周りの人から褒められた経験が少ないことがあります。また、人から蔑まれていた経験を持っているかもしれません。自己否定が強い傾向がありますから、褒めてあげることで自己肯定感を上げるようにサポートをしてみましょう。褒められることで、「自分には良いところがある」ことを自覚し、自信が芽生えてきます。

まとめ

精神的に不安定な人に接する時は、以下のことを意識しましょう。

  1. 否定しない
  2. 理解することに努める
  3. 褒める

自分以外の人に対して、心を開くことができなかったり、感情を外に表現できずに困っている人たちには、焦って雑なコミュニケーションを取ってしまうと、余計に心に傷を負ってしまいます。

ゆっくりと長い時間をかけて相手に向き合うことで、もしかしたら一生の親友、パートナーになることがあるかもしれませんよ。

-コミュニケーション, メンタルケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族が摂食障害になったら治療方法と家族ができる正しい対応

  摂食障害とは、食事に関する行動を中心として様々な問題が現れる病気のことです。 大きく分けて、神経性痩せ症、神経性過食症、過食性障害に分かれます。 摂食障害になると、心身ともに症状が現れま …

幸せな家庭を築くために!! 男性の 「マリッジブルー」を乗り越える3つの方法

彼と付き合って3年。 順調に関係は続き、そろそろお互い結婚を意識し始まる時。 彼から、プロポーズを受け、とても嬉しかった。 それからは、彼と一緒に結婚生活に向けて準備を始めた。 始めは、喜んで積極的に …

忙しい女性におススメ!5分でできる、簡単ストレス解消法

  あなたは日々のため込んだストレスを上手に発散できているでしょうか? 旅行に行ったり、スポーツをしたり、カラオケに行ったり。ゆっくり好きなことをしたいけれど… 家事や育児、仕事に追われてそ …

妻の飲み会を嫌がる夫。お互いの気持ちのすれ違いを修復する方法

  働いている女性には飲み会のお誘いが来ますが、それを嫌がる夫がいます。 妻の飲み会を嫌がる夫と、飲み会に行きたい妻は、分かり合えないのでしょうか。 妻はどうしたら飲み会が楽しめるのか、どう …

メンタルケアに効果的な食べ物10選。不安やストレスを食べ物で和らげる

ストレスがたまると、体に悪いと思いつつ、気持ちを落ちいつけるためにたくさん食べてしまいます。味の濃いご飯をたくさん食べたり、甘いもの食べたり、お酒をたくさん飲んだり、暴飲暴食になるものです。 逆に、食 …