メンタルケア 心理学

「自分史」を作ることによって得られる効果とは?6つのメリット

投稿日:2019年3月23日 更新日:

 

「自分史」というものをご存知でしょうか?実は私も最近これを知ったのですが、「自分史」を作成することには色々な効果があるのです。そもそも自分史とは「自分の生きてきた歴史を文章化すること」です。誰かに強制されて作るもでもなければ、期日があってどこかへ提出しないといけないものでもありません。

簡単に箇条書きにするのもいいですし、本格的に自己出版される方もいます。ネットで様々なテンプレートを無料でダウンロードもできますし、各々に合ったものを自由に作ってみるといいでしょう。それではこれから「自分史」を作ることによるメリットを6つ見ていきたいと思います!

 

Sponsored Link

自分史を作るメリット①「知らない自分」に気付くことができる

 

今までを振り返ると、数多くの枝分かれした道を歩んできたことでしょう。改めてその時その時の分岐点に戻って考えるとします。「今の自分」は、その時に戻っても同じ選択をすると思いますか?自分の歴史を文章にしてみることで、自分を客観的にみることができます。

「あの時違う道を選んでいたら」「あの時あの人に違う言葉をかけていたら」というような自分の間違いや後悔にも気付くことができます。ということは、それらをまたこれからの人生の教訓とできるのです。

 

自分史を作るメリット②「自分のこと」をより伝えられる

 

「自分をよく知る」ことで、それは結果「相手にも自分をよく知ってもらえる」ということに繋がります。自分を知らないのに、それを他人に分かってもらえるはずがありません。社会の中でたくさんの人と関わっていく中で、自分を伝えることはとても重要です。

自分らしさを見つけることは、就活する時の自己PRなどに活かされるはずです。若い世代の人たちにも、自分史を作ることでという周りとの関りを増やしていくきっかけになるのだということを知ってほしいです。

 

自分史を作るメリット③「新しい可能性」を見つけられる

 

過去を思い出してみると「昔好きだった趣味」や「あきらめてしまった夢」などがあったりします。当時は叶わない状況だったけれど、今ならもしかしてできるかもしれないことがあるのではないでしょうか?

小さなことでも、なにがきっかけでどう変化するのかわかりません。可能性は無限で、それを活かせるかどうかは自分次第です。そう書きながら、私も子供の頃習わせてもらえなかった「ピアノ」を今頑張ってみようかと密かに考えているところです。

 

自分史を作るメリット④「自尊心」を高められる

 

自分史をつくると、今まで大変だったこと、頑張ってきたことがたくさんあったことに気付くはずです。何一つ頑張ったことがない人などいません。そこで「自分はここまでよくやってきた」と自分を褒めてあげることで、自尊心が育ちます。

あなたの人生の主役はいつだってあなたなのですから。自分史を作って、あなたのストーリーを作ってきた自分を褒めてあげましょう。そしてそれがまた、これからのステキな物語を作っていける材料となるのです。

 

自分史を作るメリット⑤脳の活性化をうながす

 

お年寄りの方に効果があると言われているのが「脳の活性化」です。若いころのことを思い出し、当時の気持ちにリンクすることで「まるでひと時タイムスリップしたような感覚」になるため、テンションもあがります。

自分史を作成している間は、過去の自分に戻ったつもりで書くと良いでしょう。時間を巻き戻し、浸ることも大切です。

 

自分史を作るメリット⑥「作成すること」を楽しめる

 

最初にも言いましたが、自分史を作ることは強制ではありません。自分で好きなように作ればよいのです。「どんな感じに作ろうか」「昔住んでいた町へ行ってみようか」と、作成すること自体を楽しんでできます。

「プチ自分史」として、小学生が夏休みの自由研究として書いてみるのも面白いかもしれません。どんな年齢の人が作るかも、自由なのです。

 

「自分史」を作ることによって得られる効果とは?6つのメリットまとめ

  1. 「知らない自分」に気付くことができる。
  2. 「自分のこと」をより伝えられる。
  3. 「新しい可能性」を見つけられる。
  4. 「自尊心」を高められる。
  5. 脳の活性化をうながす。
  6. 「作成すること」を楽しめる。

私も初めて「自分史」を知った時「作る意味はあるの?」と思いましたが、知れば知るほど興味がわきましたし、たくさんのメリットがあることを知りました。皆さんもぜひ自分史を作って、過去の自分と未来の自分を繋いでください!

-メンタルケア, 心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新しい環境になかなか慣れないあなたへ…4つの対処法

  進学・就職・引越しなど、新しい場所で新しい人との出会いに不安を感じる人も多いと思います。人見知りの人やあがり症の人にとっては、新しい環境に飛び込むことはかなりのストレスになるでしょう 私 …

体調不良は配偶者が原因かも。カサンドラ症候群の原因とケア方法

  あなたはカサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか? この言葉はよく、アスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラム障害と対にして聞かれることが多い言葉です。 自閉症スペクトラム障 …

あなただけに心を開く!? 精神的に不安定な人と仲良くなるには3つのことを守ろう!

バラエティ番組などを見ていると、たまに「情緒不安定か!」なんてツッコむ芸人さんがいますけども、お笑いのボケではなく、本当に精神的に不安定な人は多くいます。 情緒だけでなく、打たれ弱かったり、対人恐怖症 …

大切な人が占い依存⁉あなたにできる4つのこと

あなたは占いは好きですか? 私は、占いは自分からはあんまり見ることはありませんが、テレビなどの星座占いなどがやっているときは、「へえー」といった程度で見ています。 何か悩み事をしていて、近くに相談でき …

子どもの看病疲れでもう限界。そうなる前に親のストレス対策6選

子どもの風邪などの看病は、精神的にも肉体的にも、大変なことです。 一番辛いのは子どもと思うと、自分のことは後回しで、気が付いたら、寝てない、なにも食べてない、いつもより増える家事、イライラが募ります。 …