夫婦、パートナーシップ 子育て、親子関係

子どもの相手が苦手な夫の気持ちと、妻ができる対策

投稿日:2019年3月13日 更新日:

 

子どもの相手が苦手な夫は何を考えているのか、どうして我が子と積極的に接してくれないのか、子どもの前でオドオドしている夫を見て不思議に思います。

子どもが好きなんじゃないの?、子どもの相手を全部私が見ればいいの?と感じていても、日々の忙しさできちんと話し合う時間もないまま過ぎているのではないでしょうか。

友達夫婦は、私が仲介することによって、思っていることを話し合えました。そこから、妻が対策を考えて実行してみると、徐々に夫の行動に変化がみられました。

 

Sponsored Link

子どもの相手が苦手な夫は、何を考えているのか

 

私が、2才の子どもがいる友達の家族の家に遊びに行ったときのこと。

2才の子どもと遊んでいた私に、友達は思いつめたように、「夫が言わないと子どもに何もしない、言っても0から指示しないとできない、やっても不器用だし、自分の子どもだと思ってないのかな」と悲しそうな顔でした。

友達の夫は、子どもの相手が苦手な夫だったのです。友達の家に泊まった私は、夜に帰宅した夫と友達3人で話していたら、夫の心境が明らかになりました。

夫は、赤ちゃん言葉や、子どもに合わせた自分がとっても恥ずかしく感じて、子どもをあやしたり、子どものご機嫌を良くすることが苦手だと思っています。

その苦手意識から、子どもに何を言ったらいいのかわからない、おむつをどう替えたらいいのかわからない、子どもとどう接したらいいのかわからない、わからないことだらけで自分で解決できないでいました。

結果、妻に子どものことを押し付ける形になり、現在に至ってしまったのです。

妻は「そんなこと考えてたの?自分のことばかり考えている場合じゃないよ。私は限界。2人の子どもなんだから2人で育てたい」と伝えると、

夫は、「子どもはかわいいし、君にも申し訳ないと思っている。けど、どうしたら解決できるのかわからない」とうなだれてしまいました。

夫は、自分がどうやって子どもと接するべきなのか、頭ではわかっていても、行動に移せなかったのです。

 

夫は、子どものことを考えていないわけではない

 

夫は、憧れていた自分の家族が持てて嬉しく思っています。子どもは思っていた以上にかわいくて、生まれる前は、赤ちゃんのことや接し方など、熱心に勉強していたそうです。

しかし、目の前に子どもがいると、どうしたらいいかわからなくて、勉強してきたことを発揮できないでいました。

妻が子どもと上手に接しているところを見ていると、自分が不器用に子どもと接するより妻に任せようと思って、子どものことは妻に押し付ける形になっていまいました。

妻に任せっきりで申し訳ないし、子どもとの接し方さえわかれば子どもの相手がしたいと思っています。

その代わりで、子どもの物やおもちゃ、家や妻の物を買って、快適に過ごそうと努めているつもりです。

 

夫が子どもに慣れるような対策

 

実は、夫婦揃って家族を大切に思っていたのに、子どもの相手が苦手な夫の行動で、すれ違っていました。

そこで妻は、夫に子どもと出かけるように提案しました。

すると次の休みの日に、夫と子どもは、鉄道博物館に行きました。

夫の趣味に子どもが付き合わされる形になりましたが、これが大当たり!子どもが電車に興味を示して、とっても楽しい時間になったそうです。

出かけている途中、子どもの身の回りのことも、おむつ替えも、不器用ながら、なんとかできました。今までは、やらないからできないんだとわかったそうです。

泣いているなら、抱っこしたり揺らしてみたり、お菓子や飲み物を渡してみたり、いろいろな手を尽くしてみることを知りました。

それから、夫と子どもで出かけることを数回繰り返していくと、子どもに対する苦手意識が薄まっていき、子どもの相手を積極的にしたり、家族で出かける機会が増えたり、変化があったそうです。むしろ、子どもがパパっ子になりました。

夫と子どもを無理やりにでも2人の時間を作り、慣れていくことが大事なのだと感じました。

 

まとめ

子どもの相手が苦手な夫のことをまとめますと、

1、子どもの相手が苦手な夫は何を考えているのか

2、夫は、子どものことを考えていないわけではない

3、夫が子どもに慣れるような対策

 

時間はかかりますが、妻が子どものお世話を言葉で指示するのではなくて、夫がやる場面を増やしていくことです。

そうやって必要に迫られているうちに、恥ずかしいこと感じることや、どうしたらいいかわからない、という気持ちは、無くなっていくでしょう。

あなたにおすすめ>>>

子供と上手に会話ができない…楽しくお話するためのポイント!

子どもの『なんで?どうして?』に大人としてどう答えたらいい?

-夫婦、パートナーシップ, 子育て、親子関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夫が自宅で友人と飲みたがって困る!角の立たない断り方とは

  結婚すると、それまで違う家庭環境で育ってきた2人が同じ屋根の下で暮らすことになります。 すると、どうしても相容れない考え方を相手が持っていることってありますよね。 意外と困るのが、誰かを …

家計を助けて!専業主婦の妻に働いてもらうための3つの技

今の社会では共働きが当たり前になっています。 女性が働くようになった理由として、社会とつながっているために働くなど、人それぞれあるでしょうが、おそらく多くの方は、“家計を助けるため”ではないでしょうか …

子どもの『なんで?どうして?』に大人としてどう答えたらいい?

  子どもを育てたことのあるお父さんお母さんや、子どもと接する機会の多い保育士さんなどは子どもの『なんで?どうして?』という疑問を投げかけられることがあるでしょう。 心理学の世界では、子ども …

片づかない!家を狭くしている収集癖の夫へ、3つの処方箋

新元号「令和」の時代になり、家の片付けをして気分もスッキリしよう!と思った矢先、家の中を見渡して愕然としてしまう。 夫が集めているコレクションで家が埋め尽くされてしまっている。 そんな状態にお困りでは …

母親とうまくいかないとき、どうすればよいか。母と娘の期待の違い

  母親とうまくいかないときにどうすればいいのかをご紹介します。 夢が叶ったときや、うまくいっているとき、母親に報告すると喜んでくれるものだと思いますよね。実際は、傷つくような言葉が次々と出 …