未分類

視野が狭いと言われてしまったあなたへ。たった5分で視野が広がります。

投稿日:2019年2月22日 更新日:

 

「〇〇さんは、あらゆるところに気配りができる。それに比べて君は視野が狭い。」

なんて言われた経験はありませんか?

仕事、恋愛、日常生活において、他者から「視野が狭い」と言われてしまったあなたに向けて、今回はたった5分、この記事を読むだけで視野が広くなる方法を御紹介します。

そもそも、あなたがなぜ視野が狭いと言われてしまうのか?

そこを考えてみて下さい。

「仕事でミスばかりして、先輩や上司から指摘された」

「自分勝手な振る舞いばかりで、恋人に愛想を尽かされてしまった」

「食事の席で気配りができずに、周りの人から注意を受けた」

など、細かいことを含めばたくさんあることでしょう。

この記事では、「視野が狭い」ことを、「考え方のバリエーションが少ない」ことと定義します。自分の知っている数少ない考え方だけで、物事を捉えてしまうので、トラブルを引き起こしてしまいます。

本記事では、考え方を増やす(視野を広げる)簡単な実践法をお教えします。あなたが真面目に取り組めば、「視野が狭い」などとは思われないばかりか、「視野が広い」と言われるようになります。

 

Sponsored Link

一つのことを極める

「1つのこと」に取り組んでいると、一見視野が狭くなるのではないかと感じるかもしれませんが、一つのことを極めようとすると、必然的にたくさんの知識、視点を学ばなければいけなくなります。

料理人が、「和食」の道を極めようとした場合は、日本料理以外にも、フランスやイタリア、各地域の郷土料理など、非常に多くの料理や文化の知識、あるいは料理店を営むのであれば経営の知識も必要ですし、お客さんと会話するための教養も必須になってきます。

あなたが「好き」だと思うものがあるのであれば、それを突き詰めていくことによって、他の人には備わっていない視野が得られると思いますよ。

 

モデリング

子どもが親や周りの大人のマネをすることで、言葉や振る舞いを学ぶように、人間は自分にとっての“モデル”から理想の振る舞いを習得します。

なので、あなたも「この人は視野が広くて凄いな」と思える人を見つけて下さい。そして、その人の言動を観察することから始めてみて下さい。

その際に気をつけるべき点は、「表面だけを真似しない」ことです。形だけを真似しただけではあまり意味がありませんので、モデルの人が「なぜ、それを行っているのか?」「どんな意図を持って行動しているのか」を学ぶことが大事になります。

 

リラックスする

視野が狭い時は、多くが“緊張”状態にあると思います。緊張すると、対象となる事柄にしか意識が向かなくなってしまうので、周りの情報が入ってこなくなります。

なので、視野が狭いなと言われた時は、「自分は今、緊張しているんだな」と考えてみましょう。そして、効果的なのは“リラックス”することです。ゆっくりとお風呂に入ったり、睡眠をとったりすると良いですよ。

 

固執しない(多様性)

視野が狭い人は、考えが凝り固まってしまっていることが多く見られます。1つの考えに固執し、今まで自分の中に無かった新たな考えを受け入れられなくなってしまっています。

世の中に“絶対”はありませんから、自分の考えに個室せず、「まあ、そういう考えもあるんだな」といったように軽い気持ちで色んなものに接してみましょう。

 

本を読む、映画を見る、人の話を聞く

1人の人間が経験できることなんてたかが知れていますから、多くの人の経験、知恵を大いに使いましょう。

代表的なのは、読書、映画鑑賞、対話です。娯楽として楽しみながら、世界の広さを知りましょう。

 

まとめ

  1. 一つのことを極める
  2. モデリングする
  3. リラックスする
  4. 固執しない(多様性)
  5. 本を読む、映画を見る、人の話を聞く

“木を見て森を見ず”

“森を見て木を見ず”

どちらか一方ではなく、両方の見方ができることが理想です。

自己否定することが最も良くありませんので、「視野が狭い」と言われたとしても、深く傷つく必要はありません。

そう言ってくる人もまた「視野が狭い」ということにもなりますから、心折れずに、視野を拡げるために今回紹介した内容を日常生活にも取り入れてみて下さい。

考え方1つで、一気に視野が広がります!

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昔はよかったは危険?成長し続ける人になるための行動5選

友達と食事をしていて、「20代の頃はモテてた」というエピソードを2時間していとわかったときは、そんなに話があるものかと、ゾッとしました。あの頃のように今モテていたらいいのにな、あの頃楽しかったなって話 …

改元特需!令和になったきかっけに心機一転始めたいこと5選

2019年5月1日に31年続いた平成が終わり、令和に元号が変わります。 めったにない元号が変わるこの時期に、興味があることや、きっかけが無くて始めることができなかったことに挑戦してみる良いチャンスにし …

怒りを上手にコントロールするために覚えておきたい3つのこと

  怒りをそのままぶつけて大ゲンカになり、激しく後悔したことはありませんか?人は誰でも怒ります。そのこと自体は自然なことだし、怒りの感情が無い人などいません。 私は人より短気です。そして思っ …

大人だけど病院が嫌い!その原因と、病院をうまく利用する方法

  大人でも「病院が嫌いな人」はけっこういますよね。病院に行きたくない理由も、子供とは多少違うようです…。体調を崩しているのに、なかなか病院にいけない。または、夫・妻・親が病院嫌いで連れ出す …

なぜ人は衝動買いを繰り返すのか?その原因と対策のポイント!

  衝動買いとは「買う必要・予定のないもの」を突発的に買ってしまうことをいいます。私は定期的についこの「衝動買い」をしてしまい、何度後悔したことでしょう…。 特にやってしまいがちなのが、洋服 …