コミュニケーション

人見知りのあの人が、あなただけにどんどん喋りだす秘密の方法

投稿日:2019年2月16日 更新日:

 

あなたは人見知りですか?

初対面の人の自己紹介などで自己紹介などでよく聞きます。

「私、人見知りなんです。」

まあ、自分でそうやって言える人は本当の意味での「人見知り」ではないのではないかと私は考えています。

私には彼女がいます(あ、自慢でもなんでもありませんよ笑)。

その彼女が、極度の人見知りなんです。

私も、人に積極的に話しかけることはできませんので、多少は人見知りだと思っていますが、彼女はその比ではありません。

よほどの仲のいい関係にならなければ、何を言われても「はい(もしくは何か一言)、、、、」としか答えることしかできないような人です。

なので、私も出会った当初は非常に苦労しました。

私:「休日は何してるの?」

彼女:「んー、、、家で過ごしてたらなんか時間が過ぎてます、、、」

私:「映画は見る?」

彼女:「見ないです、、、」

そんな一問一答形式で終了する、という辛い時期がありました。しかし、諦めずに会話を引き出そうと努力した結果、今では凄く仲のいい関係が築けました。

今日は、そんな経験から得た私なりの「人見知りの人から会話を引き出す方法」をお伝えします。ここでは3つをご紹介します。

ちょっとその前に、「人見知り」の定義をしておきたいと思います。

デジタル大辞泉によると、「子供などが、知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすること。」と定義されています。ですが、この記事では、「自分の想いを人に伝えられない人」と定義します。

 

Sponsored Link

とことん観察する

 

 

人見知りではない人は、人の目を気にせずに自分からどんどん積極的にたくさんの人に話しかけ、短時間で人と仲良くなる事に長けています。一方で、人見知りの人は自分から積極的に話しかけることができず、人と打ち解けるのに時間がかかります。

だからといって、決して人が苦手であったり、嫌いというわけではなく、“仲良くなるのに時間がかかるだけだ”ということを覚えておいて下さい。

もし、あなたが人見知りの方と仲良くなりたいと思うのであれば、すぐに仲良くなろうとして話しすぎてしまうのはおすすめしません。

それよりも、まずは相手のことを観察し、知ることから始めましょう(じろじろ見るという意味ではありませんよ)。

人のことが好きな人見知りであれば、必ずどこかに「人と仲良くなりたい」と思える素振りがあるはずです。盛り上がっている場のそばにいるとか、誰かの話を黙ってひたすら聞いているとか。わかりやすいもので言うと、話しかけると笑顔になったり、喜んだりする仕草が見られれば、その人は「話しかけてほしい」と思って大丈夫です。

話を引き出したければ、ガンガン話しかけるのではなく、観察をしてからアプローチするように心がけることをおすすめします。

 

好きなものの話題をふって仲良くなる

 

多くの人は、“他者に自分の想いを伝えたい”欲求が存在します。「こんな美味しいものを食べたから、誰かに伝えよう」「面白い映画を見たからみんなにも知ってもらいたい」といった欲求です。私が記事を書いているのも、人に伝えたいからです。

次は、先程の観察の第二段階です。相手がどういうタイプの人なのかの観察ができた後は、会話の手がかりとなる特徴を探し出しましょう。

誰でもそうですが、会話が盛り上がる話題は“共通点”です。特に“好きなもの”が同じであった場合が良いですね。人見知りの人は、自分の好きなものの話題の時は、とてもうれしそうに話す傾向があります。なので、相手の好きなものを見極めることが重要です。

例としては、「持ち物」、「ちょっとした会話の中で反応の大きいもの」、「第三者に聞く」などがあります。

それらから導き出したものを、「キーワード(単語)」だけでもいいので、相手に投げかけてみましょう。人によっては、饒舌に話しを始める人がいるかも知れませんし、話さなくても凄く笑顔になったりする様子が見られると思います。

 

相手を否定しない

 

最後に、私はこれが一番重要だと考えています。

人見知りの人の特徴として、「自分に自信が無い」ことが挙げられます。「自分なんて、、、」と思ってしまうことから、他人に積極的に話しかけたり、親しくすることを躊躇ってしまいます。

自分の話をしている際にも、「自分の話なんてつまらないのではないか」と考えてしまっていることがありますので、聞いている人は否定をしてはいけません。「それは違う」と否定し、自分の主張を述べてしまうと、人見知りの人は萎縮してしまい、自分の本音を話さなくなってしまいます。

とはいえ、なんでもかんでも受け入れていては聞いている側も疲れてしまいますから、否定する代わりに“質問”をしてみましょう。

同じように自分の主張を述べる際でも、少し言い方を変えるだけで受け取る印象は大きく違います。

「私はこう思う(〜〜自分の主張〜〜)んだけど、あなたはどう思いますか?」

このように言えば、お互いに気持ちよく話ができると思います。

 

まとめ

上記のことを簡単にまとめると、

  1. 観察から始めて、相手のことを知ろう
  2. 相手の好きな話題を振って、話してもらおう
  3. 相手の主張を否定せずに、質問をしよう

人見知りの人から話を引き出すには信頼関係が非常に大事になってきます。表面的な付き合いだけでは心を開いて話をしてくれないことが多いので、“相手を知りたい”という気持ちを持って、根気よくコミュニケーションを取っていくことで話をたくさんしてくれるようになってきますよ!

 

 

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供と上手に会話ができない…楽しくお話するためのポイント!

  子供にとって、親との会話は「人格形成」に重要な要素となります。 お父さんお母さんに自分の話を全然聞いてもらえなかったり、いつも自分ばかりが一方的に話してばかりで「会話」になっていないなど …

人の物を勝手に借りる人に怒り心頭。自分の物だと思う心理と対処法

  友達が、私の物を自分の物のように勝手に使っているのを見つけたら、嫌な気持ちになるものです。 自分だったら、「〇〇を貸して」って許可を得るのに、どうして断りもなく人の物を使えるのか、理解が …

なんで「アレ」を多発するの?会話でイライラする原因と対策

  会話の中で多発する、アレ。言った方は、当然伝わっているかのように振舞いますが、言われた方は、何がなんだかわからず伝わっていません。この認識の差がイライラを生みます。 仕事中に言われる「ア …

これであなたは励まし上手!劇的に発想を変えるリフレーミングとは

  この写真を見て下さい。 少しわかりにくいかもしれませんが、アザラシの写真です。これを見て何か感じますか? 「かわいい」とか「かっこいいな」とか。 動物の写真みると、なんだか癒やされますね …

夫が自宅で友人と飲みたがって困る!角の立たない断り方とは

  結婚すると、それまで違う家庭環境で育ってきた2人が同じ屋根の下で暮らすことになります。 すると、どうしても相容れない考え方を相手が持っていることってありますよね。 意外と困るのが、誰かを …