メンタルケア

よく聞く五月病ってどんなもの?なりやすい人の特徴と対処法

投稿日:

 

ゴールデンウイークが終わり、学校や会社が始まると出てくる「5月病」。

特に新入生や新入社員などが、新しい環境に変わり最初の連休を終えた後になりやすいと言われています。

なんとなくやる気が出ない、朝家を出るのが億劫といった「重い気持ち」になります。

初めは「少しだるいな」くらいの症状でも、徐々に憂鬱さが増し、欠席や欠勤が増えていく場合もあります。気分が優れないだけでなく、「眠れない」「食欲がない」など体調にも悪影響がでてしまう人も。

そんな5月病とはどんな人がなりやすいのか?予防できるのか?原因と対策をみていきましょう。

 

Sponsored Link

5月病の原因はストレス

 

「5月病」とは正式な病名ではありません。

「5月に発症しやすい精神的な病」として呼ばれているもので、医学的には「適応障害」が一番当てはまるとされています。 

4月に新しい環境になり、慌ただしい変化に追われていたところで、連休を過ごしてひとまずホッとしますよね?

そして休みが終わると、まだ慣れていない場所にまた行かなくてはいけません。そのストレスによって、気分が沈んでしまうのです。 

そんなストレスがたまりやすい時期が「5月」なのです。誰もがかかる可能性があり、少し時間が過ぎれば治る人もいれば、不眠症・うつ病といった深刻な病気になってしまう人もいます。

楽観的に考える人も多い「5月病」ですが、実際に症状が悪化し、会社を辞めなくてはならない状態になった人もいるのです。 

 

一人で抱え込むタイプの人はかかりやすい 

 

ストレスが原因となるため、なんでも自分一人で抱え込んでしまう人は要注意です。責任感が強く几帳面な人ほど「5月病」を発症しやすいと言えるでしょう。

その他にも、「内向的で新しい教室や職場になじめない」「初対面の人となかなか話ができない」など、人間関係で精神的に追い詰められていく人も多いのではないでしょうか。

「5月病」になりやすい人は、「気負いすぎてしまう」傾向にあります。神経質に考えこんでしまうと、心の病にかかりやすいのです。

ですから、できるだけ周りの人に話を聞いてもらうことが大事です。一人で思い悩まず、協力を求めましょう。

 

ストレスを発散して予防しよう!

 

とにかく「ストレスをためない」ことが一番の予防になります。

趣味があるならそれを思い切り楽しむ。好きなことをするのはストレス解消になりますよね。

ドライブに出掛けたり、美味しいものを食べたり、絵をかいてみたり。自分がしたいことを思う存分しましょう。

あとは、運動することも効果的です。スポーツジムに通うのもいいですし、水泳やジョギングなど全身運動してぐっすり眠ればスッキリするはずです。

運動が苦手という人は、家で軽くストレッチをしてみたり、近所を散歩するだけでも気分が違います。

それから規則正しい生活も重要です。心も体も、衣食住がキチンとしていないと健康ではいられないのです。

朝起きてしっかり朝食を取り、体内のリズムを整えましょう。夜遅くまでテレビやスマホを見ることはできるだけ避けて、良い睡眠を取るよう心掛けましょう。

 

5月病になりやすい人の特徴と予防法のまとめ

 

1.5月病の原因はストレスである。

2.一人で抱え込むタイプの人はかかりやすい

3.ストレスを発散して予防しよう!

もし自分でどうにもできない場合は、ためらわず病院を受診してください。

体調不良ならば最初に内科でもいいですし、心療内科・精神科に行くことも検討するといいでしょう。悪化してしまう前に、対処する必要があります。

5月病とは新しい環境に対応できず、たまったストレスからかかってしまう精神的な病です。同じように悩んでる人はたくさんいるので、一人で悩まず愚痴や心配事を相談しましょう。

「仲間がいる」と思えば力強いですよね。少し肩の力を抜いてください。新しい環境にも、少しずつ慣れていくはずです!

 

 

-メンタルケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色彩心理学とは?その効果を楽しく生活に取り入れる方法!!

  「色」は、私たちの生活の色々なところで影響しています。食べ物・洋服・景色・インテリア…様々なものにたくさんの色が溢れています。その色によって、いろんな効果が生まれているのです。 「信号機 …

負けず嫌いな自分とどう付き合う?短所を長所に変えるには

負けず嫌いって、あまり前向きなイメージがあまりありません。 負けることが何よりも嫌いですので、人と比べて,自分の意見を曲げないところがあります。 では負けず嫌いなある人は、短所ばっかりなのでしょうか。 …

こどもの好き嫌い克服法。どうすればよい?食べない本当の気持ち

わたしはこどもの頃、食べ物の好き嫌いが激しかったように覚えています。 これは食べたくない、あれは嫌いと、なにかと理由をつけて食べませんでした。一方で、加工食品やお菓子など、体に悪そうなものばっかり好ん …

子供だけじゃない!絵本の読み聞かせが大人にもたらす効果4つ

  「絵本の読み聞かせ」というと、お父さんお母さんが子供のためにしてあげること…というふうに思っている人が多いと思います。もちろん子供にとってそれはとても大事なことですし、親子が触れ合う、か …

人の物を勝手に借りる人に怒り心頭。自分の物だと思う心理と対処法

  友達が、私の物を自分の物のように勝手に使っているのを見つけたら、嫌な気持ちになるものです。 自分だったら、「〇〇を貸して」って許可を得るのに、どうして断りもなく人の物を使えるのか、理解が …