メンタルケア

また買ってきちゃった…。同じものを大量に買うストック癖の心理

投稿日:

 

2019年10月から消費税が上がり、事実上の増税が間近に迫ってきました。

軽減税率といい、食品類など一部の商品に関しては8%の税率ですが、トイレットペーパーなどの日用品は『生活必需品であろうが10%』の税率となります。

さて、増税前に買いだめをするというのは当然の心理ではないでしょうか。

だって、結局同じものが値上がりするのであれば安いうちに買っておきたいですし、トイレットペーパーなんて腐らないですもんね。

でも、そんな状況じゃなくてもつい買いだめをしてしまう、同じものをいくつも買ってしまう『ストック癖』というものがあります。

そんな人にはどんな心理が働いているのでしょうか?

 

Sponsored Link

不安だから買いだめ

 

最も多い理由として、必要なものを使いきった時に困るという予期不安です。

洗濯したいときに洗剤がないと困る、入浴したいときにシャンプーがないと困るという不安は多かれ少なかれ誰にでもあるものです。

その不安が他の人よりも強いのが、ストック癖のある人の心理状態です。

もしかしたら、今までに『何か』がなくなって困ったことがあるのかもしれません。

そういった心理が働き、ついつい家にあっても買いこんでしまいます。

また、通常であれば、必要になったらどこかで購入してくればいいと思います。

昨今では24時間営業のコンビニだけではなく、スーパーも夜遅くまで開いています。

多くの日用品は、そういった場所でいつでも買えますよね。

でも、ストック癖がある人には「取り扱っていなかったらどうしよう」「売り切れていたらどうしよう」という心理が働いてしまうのです。

だから、売っているときになるべく多くの物資を購入し、家にストックがない状態ができないようにしようとしてしまうのです。

 

少しでも損をしたくない

 

スーパーのチラシを見ながら買い物をしているという人もいるでしょう。

日常的に買い物をする人は、なんとなくその商品の価格帯が頭に入っているものです。

その中で、同じ商品であれば少しでも最安値で買いたいという人は少なくはありません。

チラシを見ると、特売品っていうものがありますよね?

それは往々にして、普段よりも安値で商品を買うことができます。

そんな時は多くの人に『まとめ買い』という心理が働きます。

でも、通常は自宅にストックがなければ1つ、もしくは2つ程度の数しか買いません。

同じ状況でストック癖がある人は、買えるだけ買っておこうとします。

そして、家にストックがある時、普通はいくら安くても買いません。

もちろん、1円サービスなんていう想定外の値引きがあれば買うかもしれませんが。

ただ、ストック癖がある人は、昨日と同額であったとしても、安いなら買っておこうという心理が先に働き、家にストックがまだ十分にあるにもかかわらず、また買えるだけ買ってしまいます。

 

そもそも買い物が好き

 

特に不安はないのに、買い物が好きだからついつい今すぐに必要ないものも買ってしまうという人は一定数いることも事実です。

必要の有無に関わらず、お金を使うことが好きで、目につくとつい買ってしまうという人の心理状態です。

家にストックがあるかないかは関係ありません。

ストックがなくても不安にはならず、使いきったりしてもわざわざ買いに行きはしません。

反対に、ストックがいくらあろうとも買うこと自体が好きなので、目につくとついつい買ってしまっています。

 

自分に合ったストック管理をしよう

 

もちろんストック癖自体は悪いものではありません。

貯金ができない、家に物があふれて困るといった実害さえなければ、わざわざ治療する必要もないでしょう。

例えば、あなたの住まいが限界集落に近く、買い物に出られるのが週に1回程度だとしたら、ある程度ストックをしておかなければ不安になるというのは当然の心理です。

もし困っているのであれば少し改善した方がいいかもしれませんね。

例えば、『今買わなくてもなんとかなる』という考え方を持つのはどうでしょうか。

たしかにあなた好みのメーカーのその品は、あなたが買いたいときに偶然売り切れているかもしれません。

ですが、きっと代替品は売っているはずです。

すると、少しは大量のストック癖が改善していきますよ。

 

ストック癖のまとめ

1. 家になかったらどうしよう、買いに行っても売り切れていたらどうしようという不安からストック。

2. 1円でも安い時にまとめ買いをしておきたい。

3. 買い物が好きだからついつい買ってしまう。

4. 困っていなければ特になおす必要はない。実害があるなら考え方を変えてみよう。

増税前は、駆け込み需要などで多くの人がストックを持ちたがります。もちろん、それは安い時に腐らないものは買いだめしておこうという当然の心理状態です。

普段からそんな心理状態の人は、ストック癖の持ち主かもしれません。実害があるのなら、ストックがなくなっても特に困らない、ストックは棚に入るだけというように自分の中で考え方を変えるところから始めましょう。

-メンタルケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうする?学校の先生が怖いと子供に相談された時の、親としての答え方!

  学校に通う中でも社会と同じように、いや、もしかしたらそれ以上に「人間関係」は難しいものかもしれません。友達同士のいざこざも当然あるでしょう。 しかし相手が「先生」だった場合、友達関係とは …

アイスブレイクってどんなもの?効果的に使えるネタ5選を紹介

  最近、ビジネスマンの中で話題となっているのがアイスブレイクです。 いわゆる『仕事ができる』ビジネスマンは、意識的か無意識なのか、この手法を上手に活用することができます。 上手に使いこなす …

負けず嫌いな自分とどう付き合う?短所を長所に変えるには

負けず嫌いって、あまり前向きなイメージがあまりありません。 負けることが何よりも嫌いですので、人と比べて,自分の意見を曲げないところがあります。 では負けず嫌いなある人は、短所ばっかりなのでしょうか。 …

いつも一緒だった女友達と疎遠になってしまった。原因と立ち直る方法

  年齢を重ねると、今まで一緒に遊んでいた女友達が1人2人と遊ばなくなってきたと感じませんか? 遊ぶ友達がいないと、家で過ごす時間が増えてきたり、おひとり様を楽しむようになったり、いつの間に …

子供に「学校に行きたくない」と言われた時の親としての対応!

子供が突然「学校へ行きたくない」と言い出したら、あなたはどうしますか?「自分の子供が不登校になってしまう」という心配から、とても不安になりますよね。「どうして行きたくないのか」「どうしたら学校へ行って …