メンタルケア 心理学

季節の変わり目にご用心!季節性うつの原因と対策

投稿日:

 

季節の変わり目って、体調を崩しやすいですよね。

でも、実は体だけじゃなく、心の方も季節の変わり目に崩れやすいんです。

もし毎年、季節の変わり目に気分が落ち込んだり抑うつ気分になったりということがあったら、それは季節性うつなのかもしれません。

この記事では、季節性うつの原因とその対策方法についてご紹介します。

 

Sponsored Link

季節性うつとは

 

季節性うつは、季節に関連してうつ症状が現れるタイプのうつ病で、別名『季節性感情障害』と呼ばれることもあります。

季節性うつには2種類あり、

夏に症状が出て秋ごろに落ち着く『夏季うつ』

冬に症状が出て春ごろに落ち着く『冬季うつ』があります。

通常のうつと異なるのは、季節によりうつ症状が出るのでそれ以外の時期は全く問題がないところです。

どちらのうつも、食欲と睡眠に関して変化が大きいのが特徴ですが、症状は全く異なります。

共通する症状は、疲労感やダルさといった身体症状、気分が落ち込んだりイライラしたりする精神症状です。

夏季うつは、それに加えて食欲の低下や体重の減少、不眠状態が続くことが症状として挙げられます。

一見すると夏バテと症状が似ているため、精神症状の有無で鑑別が必要です。

冬季うつは、夏季うつとは反対で、過食状態や過眠などが症状として現れます。

 

季節性うつの原因

 

季節性うつは、日照時間や温度、湿度といった環境の変化が大きく影響していると考えられています。

特に冬場は、日照時間が大きく減ったタイミングでうつ症状を発症する人が増加するため、この日照量が大きな影響を及ぼしているようです。

光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され、睡眠時間の調整が上手くいくようになります。

ですが、この日照量が十分でなければメラトニンのバランスが崩れ、うつ症状が発症します。

反対に夏場は日照時間が長いですが、それでも季節性うつになることがあります。

こちらの原因は、『暑さ』だと言われています。

太陽からの熱はもちろん、アスファルトからの照り返しによる自然ではない熱は誰だって嫌になりますよね。

また、冷房の効かせ過ぎにより外と室内で温度差が大きくなると、自律神経が乱れやすくなります。

それにより、うつ症状を発症しやすくなるのだと考えられています。

 

季節性うつになりやすい人

 

よく、うつ病は『生真面目な人』や『完璧主義な人』など、本人の気質によってなりやすさが異なると言われています。

ですが、季節性うつの場合はそういった気質に関係なく、『女性』がなりやすいです。

女性は毎月ホルモンバランスによって生理周期が決まり、その分泌量によりもともと心身ともに体調を崩しやすい時期があります。

さらに、気温の変化などの外的な影響は女性の方が受けやすく、それにより季節性うつを発症しやすいとされています。

また、冬季うつの場合は日照時間がより短くなりやすい北海道や東北の人の方がかかりやすいと言われています。

特に転勤族で、もともと短い日照時間に慣れていない人は、その土地で育った人よりもかかりやすい傾向にあります。

 

季節性うつへの対策

 

基本的には、うつ病と同じような対策をしましょう。

まず、体のリズムを作るために朝日をしっかりと浴びます

午前中に日光に浴びることでメラトニンが生成されやすくなり、夜眠くなるというリズムが作られます。

ただし、夏季うつの場合は日光の浴び過ぎによる疲労が原因とも考えらていますので、ほどほどにしておきましょう。

そして、セロトニンの分泌にはたんぱく質の摂取が欠かせません。

肉類や魚類、チーズなどには必須アミノ酸である『トリプトファン』が含まれており、それによりセロトニンが分泌されます。

うつの症状を緩和するためには軽い運動をすることが推奨されています。

ウォーキングやストレッチ、スクワットなどを30分程度を目安に習慣づけておきましょう。

冬季うつの場合は日照量が少ないことが原因とされているため、人工的な光を浴びる『光療法』が効果的です。

強めの蛍光灯やLEDランプの前に、午前中に一定時間いることで、日光を浴びたときと同様の効果が期待されます。

 

季節性うつのまとめ

1. 季節性うつは、季節によって抑うつ症状が引き起こされること。

2. 通常のうつと違い、外的な要因でうつ症状が起こる。それ以外の季節は問題がない。

3. 男性より女性がなりやすい。

4. うつ病と同じように対策することができる。日照時間や温度などをしっかり管理しよう。

季節の変わり目は、多くの人が体調を崩しやすくなってしまいます。

その中でも、気分の落ち込みなどの精神症状が頻繁に起きる場合は、季節性うつの可能性があります。

特にアレルギーなどがある人は、温度や湿度といった外的変化で症状が悪化することがありますので、注意しておきましょう。

-メンタルケア, 心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの看病疲れでもう限界。そうなる前に親のストレス対策6選

子どもの風邪などの看病は、精神的にも肉体的にも、大変なことです。 一番辛いのは子どもと思うと、自分のことは後回しで、気が付いたら、寝てない、なにも食べてない、いつもより増える家事、イライラが募ります。 …

場面緘黙症の正しい理解。相手が安心できる接し方

  あなたは場面緘黙(ばめんかんもく)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 私が以前小児科で働いていた時、療育の場でこの症状を持つ患者さんを何名か担当しました。 もしかすると、あなたが気 …

幸せだと罪悪感を感じるのはなぜ?罪悪感とうまく付き合う方法

  罪悪感は、「彼ができた」、「婚約した」、「妊娠した」など、人生が変わるくらいの大きな幸せな変化があったときに感じます。 この先、押し寄せるであろう幸せを考えると、この幸せを人に言うとひが …

男性必見!妻が出産後1年以内に妊娠したら夫ができる家事をする方法

第2子目を妻が妊娠したら、嬉しさ一杯です。しかし第1子の時と違うことがあります。 それは、子育てをしながらの妊娠であるということ。 第1子の育児、家事を一遍に行わなければならず、精神的、肉体的にも負担 …

朝起きて仕事に行きたくない人におすすめ。あなたが選べる選択肢3選

朝起きたら、「今日も仕事か。嫌だな。行きたくない。」と思うことありますよね。 その原因は、仕事内容や人間関係にあることが多いものです。嫌だなって思う仕事や人と、毎日一緒に仕事をすればストレスが溜まりま …