コミュニケーション

これで解決!!飲み会の「嫌われない」断り方、伝授します

投稿日:2019年2月10日 更新日:

 

友達との飲み会は、楽しくてストレス発散になりますよね。

しかし、会社やママ友などの飲み会は、逆に気を使いストレスになることも…定期的に行われる場合、毎回苦痛で仕方がないけど、なかなか断ることができず苦労しているという人も多いはず。

私自身もこれまで、色々な言い訳をして数多くの飲み会を断ってきました。

「なぜ時給が発生するわけでもないのに、行きたくない飲み会に行かなくてはいけないのか」と理不尽に思いながらも、「人間関係」を考えると「参加しません」の一言では片づけられず…

どんな断り方をすれば角が立たず、自然に逃げることができるのか。なんとか参加せずにすむ、上手い言い訳の数々をご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

体調不良で断る

 

これはけっこう使えます。数日前に決まった飲み会で、参加すると言ってしまっても「やっぱり行きたくない」と思えば、当日「朝から具合が悪くて」と言ってしまえばいいのです。

ただ具合が悪いというだけでは怪しまれる可能性があるので、ここは少し考えてください。

例えば、いつも元気な人が急にお腹を壊すよりも「家族が二日前から風邪で、移ったかもしない」と言ったり、持病がある人は「夕べからなんだか悪化したみたいで…」など。

状況に合った「体調不良」を演出してください。「子供や親の体調不良」でもいいかもしれません。具合の悪い人をムリヤリ連れていこうとする人はまずいないので大丈夫です。

ただし、毎回は通じないということを忘れないでください。

 

予定を作って断る

 

その日でなくてはならない「用事」を作りましょう。

飲み会が頻繁でないのなら「友人の結婚式」「家族で旅行」など普段あまりないような行事でもいいですね。

仕事が終わってからの飲み会だとしても、「披露宴は行けないけど二次会だけの参加」「みんなが揃って夜に出発する」など、なるべくリアリティを出しましょう。

「荷物が届くので家にいなくてはいけない」この時の荷物とは、「生もの」がベストです。

「5年ぶりに友人が会いに来てくれる」この場合の友人は、「遠くに住んでいる」方がより重要な用事と取ってもらえるでしょう。

いつでもできるであろう用事や、明らかに嘘くさい言い訳をしないように気をつけてください。

「行きたくないからウソをついている」と思われてしまっては、次からの飲み会も「参加」「不参加」どちらにしても良くは思われませんので。

 

断る時の注意点

 

どんな断り方をするにしても、大事なのは「本当は行きたいけど行けない」「参加できないことが残念だ」という気持ちを伝えることです。

思っていないのは分かっています。しかしここはそう伝えることが一番重要なのです。

「今回は行けないけど、また誘ってくださいね」などの一言があるのと無いのでは、印象が全然違ってきます。

前もって分かっている飲み会ならば、「当日にならないと予定が分かりませんが、行けたら行きます!」のように、「行く気」を見せるのも一つの配慮なのです。

やはりここは大人として、「行きたくないから断っても自分は悪くない」という態度ではよくありませんよね?

もし逆の立場で、良かれと思って誘ったのに「イヤだな」という感じが見えたら悲しいでしょう。お互い気分が悪くなるような断り方はNGということです。

 

行きたくない飲み会を上手に断る方法のまとめ

 

1.体調不良で断る。

2.予定を作って断る。

3.断る時の注意点。

一度は悩んだことがあるであろう「飲み会を断る口実」。どれか使えるものはありましたでしょうか?

個人的には、「お金がない」というのは「奢ってやる!」と言われてしまうと行くしかないので、オススメできません。

毎回断るのは不自然なので、できれば何回かに一回の割合で実行してみてください!

 

 

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもを褒めるってどこまでokなの?真似したい上手な褒め方とは

  突然ですが、あなたは褒められるのと叱られるの、どちらが好きですか? 私は断然褒められる方が好きです! あなただってきっとそうではないでしょうか。 もちろん、叱られた方が伸びるタイプだと自 …

笑えない冗談を言う人の心理って?一緒に居て面倒な人の対処法

テレビ番組のMCのように言うことが面白くて、話の中心にいるような人気者になれたら、どれだけ気持ちがいいでしょうか。 しかし現実は、笑えない冗談で、場を盛り上げているつもりになっている人もいます。周りの …

今すぐ親に終活してもらうための4つのこと

昨年、私の父が亡くなりました。 1年間の闘病生活をし、その間、私は2ヶ月に一度のペースで関西から北陸へと看病しに行っていました。 父にたくさんの心配をかけてしまっていた私は、死に際に、父に怒られてしま …

認められたいと思う心理。承認欲求が強いとエスカレートしていく行動

  人に認められたいために、無理して頑張り過ぎてしまうことありませんか? 特に人の承認欲求がよくわかるのがSNSです。 SNSの写真に映るものに凝っていると、自分が載せたいものではなく、より …

パートナーが社会人学生になったら?話し合うべき家族運営のコツ

会社員の夫が 「働きながら、もう一度学校で学び直したい」と言ってきたらどうしますか。 時間やお金の使い方が、今までの生活と変わってしまいますよね。 金銭面、家族の生活面、シミュレーションして、しっかり …