コミュニケーション メンタルケア

人の物を勝手に借りる人に怒り心頭。自分の物だと思う心理と対処法

投稿日:2019年7月17日 更新日:

 

友達が、私の物を自分の物のように勝手に使っているのを見つけたら、嫌な気持ちになるものです。

自分だったら、「〇〇を貸して」って許可を得るのに、どうして断りもなく人の物を使えるのか、理解ができません。

嫌な気持ちにならないためには、どんな対処法がベストなのでしょうか。

友達に勝手にセロテープを使われた私の体験をご紹介します。

 

Sponsored Link

勝手に使う行動

 

小学生のとき、友達のAさんの癖に困った経験があります。

トイレから帰ってきた私の机の上に、お道具箱に入れていたセロハンテープが出ていました。

状況が分からず近くにいた友達に、「誰か、私のセロテープ使った?」って聞いてみたら、「Aさんが使ってたよ」との情報を得ました。

Aさんに聞くと「そう。ちょっともらったから」と返事がありました。

何かを作っていたようで顔を上げなかったので、「勝手に使わないで。お道具箱を勝手に開けたんでしょ。やめて」って言うと、もう聞いていませんでした。

ほかの友達に聞くと、色鉛筆、定規、下敷き、消しゴムなど、いろいろな物をAさんに勝手に借りられていたそうです。

「勝手に使わないで」と注意しても、あまり聞いていなくて、その悪い癖が直りません。

 

勝手に借りる心理

 

自分の物を勝手に使われてしまうのは、嫌な気持ちになりますよね。

前述したAさんの、人の物を勝手に借りる癖が嫌だったので、被害者数名で先生に相談しました。

すると、放課後に話し合いの場を作ってくれたのです。

被害者の私たちからの主張は、「勝手にバッグやお道具箱を開けて物を使わないで欲しい」「貸す分にはかまわないから、使う前に声をかけて欲しい」と伝えました。

先生はAさんに、「友達のバッグやお道具箱を開けているの?」って聞くとAさんは、「壊したり、盗むわけじゃないんだから、別に問題ないと思った。それに何度使ったって無くなるものではないから、ちょっと使わせてもらっただけ。」と言うのです。

意外なAさんの言葉に戸惑いました。確かに、色鉛筆や定規、セロテープなど、Aさんが借りた物は少し使ったくらいで無くなりません。

この考えは私には無くてびっくりしたため、何にも言い返すことができませんでした。

しかし、もう勝手に物を使われたくないので、私たちからは「使う前に声をかけてほしい」と約束して終わりました。

Aさんは人の物を借りるのに、許可が必要ないと思っていたのです。

 

効果的な対処法

勝手に物を使ってしまう人に対しては、対策を考えましょう。

Aさんは、人のお道具箱やバッグを勝手に開けてしまいます。使いたい物のためには、プライバシーはあまり重要ではないようです。

私は、勝手に使われるのが嫌だったので、必要な物以外は持たないようにしました。

匂いのある消しゴムと普通の消しゴムや、お気に入りのキャラクターの下敷きと無地の下敷きなど、使わないけど見ていたくて持っていた物を1つだけに厳選しました。

それは、Aさんが「2つあるんだから1つ貸して」って友達に言っていたのを聞いたので、貸せない理由を作っておくためです。

それと、自分の机から離れるときは、教室にいる友達がさりげなく見張るようにしました。

もし、Aさんが席にいない人の物を使おうとしたら、「〇〇ちゃんに、使っていいか聞いた?」って話しかけます。

何度か続けていると、人の物を使うことは、使っていいか聞くことだとわかったようです。

一時は、仲良くない友達や男子の机を回っていたのですが、根気強くついて回っていたら、「定規貸して」と、言えるようになりました。

みんなで協力して、Aさんを見張ることで、勝手に借りる行動が無くなりました。

 

人の物を勝手に借りる人に怒り心頭。自分の物だと思う心理と対処法 まとめ

 

 

1、勝手に使う行動

2、勝手に借りる心理

3、効果的な対処法

人の物を自分の物だと思って、勝手に使っているところを見て、いい気持ちになる人はいません。

自分の物を守って、みんなで見守ることで、ダメなものはダメだと、主張していきましょう。

関連記事>>>

子どもが人の物を勝手にとって来てしまったら?効果的な注意の仕方

仕事上で指摘をしたいけど嫌がられる。上手に指摘をするには?

-コミュニケーション, メンタルケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうする?学校の先生が怖いと子供に相談された時の、親としての答え方!

  学校に通う中でも社会と同じように、いや、もしかしたらそれ以上に「人間関係」は難しいものかもしれません。友達同士のいざこざも当然あるでしょう。 しかし相手が「先生」だった場合、友達関係とは …

1日5分!手軽に実践マインドフルネス

  最近、なんだか疲れていませんか? 時間の流れが早い情報化社会では、意識的に心のやすらぎを作らなければ心の中は荒波に飲まれてしまいます。 そんな息苦しい時代の中で、「マインドフルネス」が流 …

よく聞く五月病ってどんなもの?なりやすい人の特徴と対処法

  ゴールデンウイークが終わり、学校や会社が始まると出てくる「5月病」。 特に新入生や新入社員などが、新しい環境に変わり最初の連休を終えた後になりやすいと言われています。 なんとなくやる気が …

下ネタがひどい上司への対応策。上司は何を考えているのか?

上司の下ネタに、心底がっかりした経験ありませんか? 下ネタを言ってほしくなくて、無視したり、うまくかわしたり、キツイ言葉を言い返しても、減ることはありません。じゃあ、どうしたら下ネタを言わなくなるのか …

「自分史」を作ることによって得られる効果とは?6つのメリット

  「自分史」というものをご存知でしょうか?実は私も最近これを知ったのですが、「自分史」を作成することには色々な効果があるのです。そもそも自分史とは「自分の生きてきた歴史を文章化すること」で …