コミュニケーション メンタルケア 夫婦、パートナーシップ

体調不良は配偶者が原因かも。カサンドラ症候群の原因とケア方法

投稿日:2019年7月14日 更新日:

 

あなたはカサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉はよく、アスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラム障害と対にして聞かれることが多い言葉です。

自閉症スペクトラム障害を抱える配偶者を持つ人にしばしばみられる症状で、近年の夫婦間の問題として注目を浴びています。

では詳しく紹介していきましょう。

 

Sponsored Link

カサンドラ症候群とは

 

自閉症スペクトラム障害を持つ人の特徴として、共感性の低さなどからコミュニケーションが取りにくいということが挙げられます。

そのため、家族などの身近な人は、上手く意思疎通ができないことから心身に様々な症状が現れてしまい、その様々な症状をカサンドラ症候群といいます。

カサンドラとは、ギリシャ神話に登場する王女の名前で、彼女には予知能力が備わっていました。

彼女はその予知能力があるため未来がわかってしまい、太陽神アポロンの愛を拒んでしまいます。

怒ったアポロンが『誰もカサンドラの予知を信じない』という呪いをかけてしまったため、彼女はその後予言をしても誰にも信じてもらえなくなってしまいました。

その『周囲の人に理解してもらえない』という特徴が似ているため、この疾患にカサンドラ症候群という名前が付けられています。

カサンドラ症候群になりやすいのは、圧倒的に妻側だと言われています。

これは、自閉症スペクトラム障害が男性に多いからです。

 

カサンドラ症候群の特徴

 

カサンドラ症候群は、パートナーによる心身へのストレス障害ということで正式な病名ではありません。

ですが、特徴的な3つの症状があります。

1つ目は、パートナーに自閉症スペクトラム障害があり、それによって共感性や情緒的表現が阻まれていることです。

2つ目は、パートナーとコミュニケーションが取りにくいため、心身の虐待や人間関係に不満感を持っていることです。

そして3つ目は、精神症状や身体症状が出ていることです。

カサンドラ症候群になると自己評価が著しく低下したり、抑うつ状態にあったりします。

身体的にも偏頭痛や体重の著しい増加や減少がみられることもあります。

 

カサンドラ症候群の原因

 

カサンドラ症候群は、自閉症スペクトラム障害を持つ家族によって引き起こされます。

コミュニケーションが取れないことを、自閉症スペクトラム障害を持つ本人やその周囲の人に理解してもらえないため、孤立した状態に置かれます。

自閉症スペクトラム障害のうちアスペルガー障害と区分されていた人は、知的能力が高く社会に十分に適応することができます。

しかし家庭などプライベート空間では、社会生活に適応する反動で、パートナーに対し理解のない言動や態度を取ってしまいます。

これにより、パートナーは悩み苦しみますが、周囲の人には健常の人と同じように振る舞うことができるため、その苦しみを理解してもらえず、無力感や孤独感、絶望感を覚えカサンドラ症候群となってしまいます。

 

ケアをするには

 

カサンドラ症候群の症状を改善するには、まずパートナーの障害である自閉症スペクトラム障害を理解しておくことがあります。

自閉症スペクトラム障害には大きく分けて3つの問題があります。

1つ目はコミュニケーションの問題です。

会話は一見なりたっているように見えますが、裏に隠された意味や喩え表現を正しく理解することが難しいです。

曖昧な表現では伝わらず、相手に伝えるときもストレートな表現、例えばちょっと太った相手に対して『太ったね。』と素直に伝えてしまう傾向にあります。

2つ目は対人関係の問題です。

いわゆる空気が読めない状態で、相手の気持ちを推し量ったりそれに寄り添った言動を苦手としています。

社会的なルールや、場の雰囲気を無視しがちで、対人関係を築きにくいです。

相手の気持ちを理解した言動ができないので、相手を傷つけることがあります。

3つ目は強い物事へのこだわりです。

興味を持ったものに対しては過剰に熱中し、法則性があるものを好みます。

しかしその法則が崩れてしまうことがあれば、パニックに陥ることもあります。

自分なりのルールがあったり、こだわったものの話を延々とし続けたりしてしまいます。

パートナーの特性がわかったら、その特性に合わせたコミュニケーションをとるようにしましょう。

一般的に、自閉症スペクトラム障害の人は非言語的な情報、たとえば場の空気や表情などを処理するのが苦手です。

そして、言語的な情報であれば、聴覚情報より視覚情報の方が得意です。

ですので、可能な限り視覚化した言語情報、つまりメモ書きやイラストなどで伝えたほうが意思疎通しやすくなることがあります。

夫婦でカウンセリングに行くというのもいいですね。

カウンセラーによる正しいコミュニケーションの取り方などのアドバイスももらえます。

ただし、カウンセリングに行くことを強要するのはやめましょう。

 

カサンドラ症候群のまとめ

1. 自閉症スペクトラム障害の家族に起こりやすいのがカサンドラ症候群。

2. パートナーが自閉症スペクトラム障害だと心身に症状が出る。

3. 周囲の人に、パートナーとコミュニケーションが取れないことを理解してもらいにくい。

4. ケアするには、まずパートナーについて理解しよう。その特性に合わせたコミュニケーションを取ることで症状は緩和しやすい。

カサンドラ症候群は、じわじわと心身を蝕んでいくため、なかなか症状が重くなるまでは気付きにくいです。

もし、カサンドラ症候群の疑いがあるのであれば、パートナーに自閉症スペクトラム障害がないかを確かめましょう。

カサンドラ症候群であれば、まずパートナーの障害を理解することから始め、障害特性に応じて視覚情報を用いたコミュニケーションを取るようにすると症状が緩和することもあります。

また、精神的にも物理的にも一時的に距離を置くことで冷静になれますので、日常生活に支障がある場合は試してみましょう。

-コミュニケーション, メンタルケア, 夫婦、パートナーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの心を豊かにする禅語7選。実は生活に根付いている教え

  禅語という言葉を聞いたことがありますか? 禅語とは、禅の教えが詰まった言葉のことです。 禅は、瞑想したり、修業しないと触れられない偉大なものだという気がしますよね。 でも禅語をよくみてい …

電話が苦手な社会人必見。怖くない!電話対応に慣れる解決法

会社での仕事は、電話を受けること、電話をかけることは、避けては通れない業務です。新しい仕事に就いて初めにするのが電話とりってことは、珍しくありません。 電話をとるときは、誰からかかってくるのかわからな …

人に嫉妬してしまって苦しいあなたに! 楽になるための対処法とは

  突然ですが、あなたは今誰かに嫉妬をしているということはありませんか?   それは仕事の同僚であったり、恋人であったり、あなたが今置かれている環境であったりと様々です。 嫉妬心を …

【男性必見】嫁姑問題を解消するたった1つの教え

「嫁姑問題」 なんて言葉、よく聞きますよね。 アニメのサザエさんの家のように、結婚をしたら、家族皆んなで和気あいあいと暮らすことに憧れたりしませんか? でも、自分の今の状況を見てみると、そんな理想とは …

「自分史」を作ることによって得られる効果とは?6つのメリット

  「自分史」というものをご存知でしょうか?実は私も最近これを知ったのですが、「自分史」を作成することには色々な効果があるのです。そもそも自分史とは「自分の生きてきた歴史を文章化すること」で …