コミュニケーション メンタルケア 夫婦、パートナーシップ

夫が単身赴任に!お互いに支え合うことで夫婦の絆を保つ3つのコツ

投稿日:

 

夫の単身赴任が決まり、真っ先に頭をよぎるのは、

 

夫婦仲が悪くなってしまうのでは!ということ。

 

一緒に生活していれば、言わなくてもわかることが多かったり、生活リズムを知ることができますが、離れて生活するとそうはいきません。

積極的にコミュニケーションをとらないと、相手のことがわからなくなります。

単身赴任は悪いことだけではなくて、より仲良くなった私の友達とその夫Aさんのことを例に挙げて、ご紹介します。

 

Sponsored Link

まめに連絡する

 

単身赴任中の友人の夫Aさんは、妻とたくさん連絡を取り合っています。

Aさんが九州に単身赴任になり、一時的に帰ってきて会ったときに

「寂しいだろうけど、単身赴任どう?」と聞いてみると、

「常に連絡を取り合っているから、離れている気がしないよ」

と笑顔で教えてくれました。

「こんなやりとりしてるよ」って見せてくれた携帯の写真が、Aさんが青いパジャマを着て、両手を広げている全身の写真があり「結局これを買いました。

サイズピッタリ」とメッセージを送り、「よく似合ってる!」と返信をしていました。

ちょっと寒くなってきたから、長袖・長ズボンのパジャマが欲しかったから、相談していたそうです。

私は内心、こんな細かいことまでメッセージするの?って思ってしまいました。

でも嬉しそうにしているAさんを見たら、単身赴任にはこのように細かいことでも連絡が必要なんだとわかりました。

一緒にいるとき以上に連絡を取り合って、そこまで言うの?て思われるほど、日常を共有することが大切です。

 

なんでも頼る

 

わからないことや悩みを、お互いになんでも頼りましょう。

Aさんは、「一緒に住んでいたときより、妻が頼ってくれるようになった」と言っていたのが印象的でした。

例えば、「近所にできたスーパーのクレジットカードがお得なんだけど、作ってもいいかな?」とか、「保険を見直そうと思うんだけど、どうかな?」など、今まではサクサクと自分1人で決めて実行してきた妻が、相談してくるのが意外です。

夜に電話で2~3時間も話すこともあって、一緒に住んでいた頃よりよく話すようになりました。

一方でAさんからは「お風呂の鏡はどうやったらキレイになるの?」とか、「部屋干し用の洗剤のおすすめある?」など、困ったことを妻に聞きました。

妻からは、「今まで家事をしてこなかったから、わからないよね」って嫌味を言われても、素直に謝れます。

お互いに検索すればわかる内容ですが、相談して頼ることで一緒に乗り越えられるし、頼られることは何よりも嬉しいことです。

 

感謝する

 

単身赴任で離れていると、妻の存在を有り難く感じる機会が増えます。

単身赴任は、知らない土地の新しい環境で、仕事をすることになります。

仕事から帰ってきても1人だと、疲れより寂しさが勝るものです。

Aさんは、家に帰って寂しくても妻と電話して声を聞くことで、また明日も頑張ろうっていう気持ちになります。

会話は、仕事のことや家事のことが中心で、楽しい内容ばかりではないけど、うんうんと何でも聞いてくれる妻には、気兼ねなく何でも話せます。

Aさんは「いつも話を聞いてくれてありがとう。」と感謝の気持ちを言葉にして、伝えられるようになりました。

妻は、Aさんがいろんなことを話してくれるので、何を考えているのか、どんな生活をしているのか、よくわかるので安心していられます。

感謝の言葉をあまり聞いたことが無かったけど、お互いを思いやって、優しく接することができるようになり、今まで以上に大切な存在になったと感じています。

感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。二人の関係が良好になって信頼関係が強くなります。

 

夫が単身赴任に!お互いに支え合うことで夫婦の絆を保つ3つのコツ まとめ

 

1、まめに連絡する

2、なんでも頼る

3、感謝する

 

単身赴任で離れて暮らすと、夫婦間のコミュニケーションが大切です。

何気ない1言でも、積み重ねれば感謝や、信頼、安心になっていきますので、意識的に連絡をとることがコツです。

-コミュニケーション, メンタルケア, 夫婦、パートナーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事上で指摘をしたいけど嫌がられる。上手に指摘をするには?

  仕事をするうえで、誰かと関わり合いを持つことは少なくはないですよね。 上司や同僚、あるいは後輩とチームを組んで、何かの仕事をやり遂げることがあります。 でも、その時に間違いが合ったらあな …

【男性必見】嫁姑問題を解消するたった1つの教え

「嫁姑問題」 なんて言葉、よく聞きますよね。 アニメのサザエさんの家のように、結婚をしたら、家族皆んなで和気あいあいと暮らすことに憧れたりしませんか? でも、自分の今の状況を見てみると、そんな理想とは …

子どもの『なんで?どうして?』に大人としてどう答えたらいい?

  子どもを育てたことのあるお父さんお母さんや、子どもと接する機会の多い保育士さんなどは子どもの『なんで?どうして?』という疑問を投げかけられることがあるでしょう。 心理学の世界では、子ども …

これで解決!!飲み会の「嫌われない」断り方、伝授します

  友達との飲み会は、楽しくてストレス発散になりますよね。 しかし、会社やママ友などの飲み会は、逆に気を使いストレスになることも…定期的に行われる場合、毎回苦痛で仕方がないけど、なかなか断る …

好きな人に告白できない!そんなあなたでも告白できる、たった4つの極意

好きな人に告白するのは得意ですか? 「得意です」と答える人は、まあ稀でしょうね。大半の男性の方が、「苦手」と答えるでしょう。 私も、できません。びびって、びびって、ようやくできるかできないか。そんな感 …