コミュニケーション メンタルケア 夫婦、パートナーシップ 子育て、親子関係

共感力が低いと言われてしまった!共感力はどうしたら高くなる?

投稿日:2019年6月28日 更新日:

共感力ってなんのことでしょう。

文字を読むと、共感する力ってことですよね。

共感とは、誰かの考え方や主張に対して、同じ気持ちを持つことを意味します。

会話には、共感をすることが大切だといわれています。

会話の中で共感するということは、相手の考え方をわかってあげたということです。

つまり、会話で相手の話に共感することにより、

「私はあなたの考え方をわかっていますよ。あなたの言う通りです!」

ということを伝えています。

すると、相手はあなたを味方として信頼し、自分の考え方が認められたことで承認欲求が満たされます。

共感力は、誰かとコミュニケーションをとる上で大切になる能力です。

共感力が高ければ、周囲の人に受け入れられやすく、人間関係を円滑にしてくれます。

では、共感力が低いと言われてしまった場合は、どうすればいいのでしょう。

この記事では、共感力が低い人の特徴と、共感力を高めるためのコツについて紹介します。

 

Sponsored Link

共感力が低い人の特徴って?

共感力が低い人は、他人に対して思いやりが少ないです。

相手に共感ができないので、思いやりのない言葉や行動をとってしまいがちです。

自己中心的な性格で、自分の欲求を満たすことを真っ先に考えてしまうため、周りの人のために動くことができません。

反対に、自分の欲求を満たすためなら他人も利用します。

誰かを自分の思い通りに動かすために、間違ったアドバイスやおせっかいをしてしまいます。

そして、自分と相手の価値観の違いが理解できていません。

相手には相手の考え方があるのに、自己中心的に考えてしまいます。

心理学的には「自己中心性」というものがあり、低年齢の子供はまだ他者の立場で物事を考えられないとされています。

成長に伴い、客観的に物事をとらえることができ、相手の立場に立てるようになります。

そのため、共感力が低い人は精神的に幼いともいえるでしょう。

共感力が高いとメリットがある

共感力が高いと、相手の考え方がわかりやすいです。

相手のことをよく観察しているため、言動や表情から多くのことを読み取ることができます。

また、相手の気持ちを考えながら会話をするため、相手も気分がよくなり、コミュニケーションが円滑になります。

空気を読むことに長けていて、相手に合わせて自分の立ち位置を変えることができます。

人に同調するため、「自分の考えは持っていないの?」と思われがちですが、自分の意見も述べながら共感することで、そのデメリットも打ち消せます。

さらには、同性だけではなく異性の気持ちも理解しやすいため、モテやすい傾向にあるというのも大きなメリットですね。

どうすれば共感力は高くなる?

共感力を高めるためには、相手の話に同意してあげることが大切です。

まずは、聞き手に回りましょう。

私もおしゃべりなタイプなので、ついつい自分が話してしまいがちです。

ですが、話を聞いてもらって同意してもらえれば嬉しいですよね。

相手にもこの嬉しさを味わってもらうんです。

そして、相手の話に相槌を打つ癖をつけます。

うんうん、とうなずいてくれたら共感してくれたような気がしませんか?

相手の意見とはちょっと違うなと感じても、とりあえずうなずいておきましょう。

自分の意見以外を否定してばかりだと、共感力はどんどん低くなってしまいます。

発言前や行動前には相手の立場に立って、「自分ならこうされたらイヤだな、だからやめておこう」「自分だったらこうしてほしい」と考えてみましょう。

よっぽどのことがない限り、自分がされてイヤな気分になることは相手もイヤな気分になるし、嬉しい気分になるなら相手も嬉しいはずです。

ですので、行動前には一呼吸おいて、相手の立場に置き換えてみることを心がけましょう。

ですが、どうしても相手の考え方が納得できない場合もありますよね。

そんな場合は無理に共感せず、妥協ポイントを探してそこに共感してみましょう。

例えばあなたが暑がりだとします。

会話の中で「夏休みは沖縄とか旅行したいね。」と言われたら、暑がりのあなたは沖縄はあまり行きたくないでしょう。

ですが「えー、いやだよ沖縄とか。暑いし。」と返すと相手の意見全否定です。

そこで「わかるよ、夏は旅行したくなるよね。」と返せば、妥協ポイントである「旅行したい」に共感できています。

こういったテクニックを磨くためにも、多くの人と会話をするようにしてみましょう!

 

共感力を高めるコツのまとめ

1.共感力が低い人は自己中心的になりがち。精神的にも幼い!

2.共感力を高めれば、相手とも仲良くなりやすい。

3.相手の話に同意する練習で共感力を高めよう。共感できない場合は妥協ポイントを探してみては。

共感力が高ければ人と仲良くなりやすいといったメリットがあります。

共感するコツは、相手の話を否定しないことです

どんな話にも納得できる部分があるはずなので、そこに共感してあげましょう。

-コミュニケーション, メンタルケア, 夫婦、パートナーシップ, 子育て、親子関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「自分史」を作ることによって得られる効果とは?6つのメリット

  「自分史」というものをご存知でしょうか?実は私も最近これを知ったのですが、「自分史」を作成することには色々な効果があるのです。そもそも自分史とは「自分の生きてきた歴史を文章化すること」で …

“だれとも話さないこと”があなたを辛くする。ストレスの原因と解消法

  「ぼっち飯」「おひとり様」「一匹狼」など、今も昔も「ひとり」でいることに一種の特別感を出して表現することがありますよね。それもなんだか良くないイメージで。 一人で過ごしていているとどうな …

恥ずかしいなんて思わないで! 赤ちゃんに話しかけてあげる効果

  人は、誰かとコミュニケーションを取るために言葉を使います。 大人でなくても、ある程度以上の年齢になると、話しかけた言葉に対して適切に返事が来ますよね。 では、赤ちゃんはどうでしょう。 赤 …

ママ友って本当に必要?ママ友がいないことによるメリット4つ!

  公園デビューから、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校…子供が成長していくのはとても喜ばしいことですよね。しかしその過程でその都度登場する、同級生の保護者たち。あなたには「ママ友」はいま …

温かい涙が流れること必至。感動の小説・エッセイおススメ4選

小説を読んで、感動の世界にどっぷり浸ったことは、ありませんか? 小説を読み進めると、自分で人物を想像して、登場する背景や物まで想像する中で、感動のストーリー展開が加わると涙腺崩壊するくらいのめり込んで …