コミュニケーション メンタルケア 子育て、親子関係

もし自分の子がいじめにあっていたら、親としてできること

投稿日:

自分の子がいじめにあっていたら、あなたは親としてどう対応しますか?

昨今では、いじめが深刻化して、最悪の場合は…なんてことも考えられますよね。

私にも小さな子供がいて、この子がいじめられたら私は親としてどう行動すればいいのか、と考えることがあります。

ただし、間違ってた行動をとったら事態の悪化や子供の心の傷を深くしてしまうかもしれません。

では、子供をいじめから守るために、親はどう行動すればよいのでしょうか。

Sponsored Link

子供がいじめられていると思ったら

現代ではインターネットやSNSが発達して、大人の目につかないところで精神的にいじめられているということもあります。

複数人が所属するグループでは、大勢が寄ってたかって一人をターゲットにしているというケースだって少なくはありません。

でも、子供はいじめられていることをあなたに正直に話してくれるでしょうか?

年齢があがるほど、子供はいじめられていても親に隠したくなるものです。

理由は様々です。

いじめられていると認めたくない。

チクったと思われて、余計にいじめられるかも。

親に心配をかけたくない。

などなど。

まずは、いじめの兆候に気づいてあげましょう。

急に表情が暗くなった、食欲が落ちている、目を見て話さなくなったなどは無言のSOSかもしれません。

ちょっとした変化に気づいてあげるためには、毎日10分間でも子供と会話する機会を設けることが大切ですよ。

そして、あなただけは何があっても子供の味方になってあげましょう

いじめられた子供は、肉体的にも精神的にも傷ついています。

だからこそ、親であるあなたは子供の絶対的な味方であることを伝えてあげます。

何があっても守ってくれる親がいれば、子供も安心できます。

それから、子供からいじめの情報を聞き出しましょう。

もちろん子供にとっていい思い出であるはずがないので、話すのも苦痛かもしれません。

ですが、話すことを強要してはいけませんよ。

だって、あなただってイヤな記憶を詳しく話すように言われたら苦痛ですよね?

子供だって同じです。

質問攻めにはせず、ゆっくりと少しずつ話を聞くようにしましょう。

子供の心のケアをしよう

子供への声のかけ方にはより一層気を配ってあげてください。

あなたは解決に向けて少しでも早く動きたいのに、子供がなかなか話をしてくれないかもしれません。

でも、それで子供を責めてはいけません。

話そうとしてくれた、心を開いてくれたという事実を認めてあげましょう。

そして、子供が伝える言葉や気持ちを受け入れ、共感しましょう。

『お父さん・お母さんはあなたの味方だよ。何があっても守るからね。』

これだけでも子供の心は救われます。

そして、親は努めて冷静でいます。

いじめた子供の家に今すぐにでも乗り込み、その子供や親を感情のままに罵倒したくなる気持ちもわかります。

ですが、それでは根本的な解決には至りません。

冷静になり、解決方法を見つけるのです。

子供が望む解決方法を

子供が親にいじめの事実を打ち明けるときは、親にどうにかして解決してほしいと思っていることがほとんどです。

学校にいじめの事実を報告しましょう。

ただし、電話での報告はあまりおすすめしません

時間がない場合は、すべてを伝えきることが難しいですし、言った言わないのトラブルになることだってあります。

ですので、報告の時は必ず「文書」で行いましょう

まずは担任に報告し、そして担任が解決に持っていけない場合は、学年主任や校長といった上の立場の人に話を持っていきます。

それでも無理なら市町村や都道府県の教育委員会、さらにはマスコミなどと発言力がある立場に訴えかけます。

その場合、各々がどのような対応をしたのか、解決に向けて動いたのかということを追記しましょう。

学校はいじめの報告を受ければ事実確認をし、いじめを認めた場合は解決に向けて動く必要があります。

ですが、学校ぐるみの隠ぺいというのも全くないわけではありません。

ニュースなどでも学校が「いじめの事実は確認できなかった」と述べているのを見たことはありませんか?

いじめの解決ができるのは「学校」ですが、子供の心を守れるのは「親」です。

短期間で解決できるよう、場合によっては警察の介入なども視野に入れ、いじめの事実を明確にしましょう。

子供がいじめられた時の親の行動のまとめ

1.いじめの兆候を見つけ、子供の話を聞く。

2.子供の味方になり、心のケアをする。

3.いじめをなくすための行動を。冷静さを失わないこと!場合によっては学校以外の公的機関にも協力を要請。

我が子がいじめられれば怒りの感情が沸き起こります。ですがそんな時ほど冷静になりましょう。

どうしても短期間での解決が望めそうにない場合は、子供を守るために転校を視野に入れるのも1つの手立てです。

-コミュニケーション, メンタルケア, 子育て、親子関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金銭感覚が違う友人との付き合い方。何にお金を使うか価値観を知ろう

  金銭感覚が違う友達と会うと、疲れますよね。   友達と食事をするお店選びから、安い方がいい高い方がいいと希望があって、お金の価値観が違うこと、一緒にいることが辛く感じます。 & …

事実婚って実際どうなの?知っていた方が良いメリットとデメリット

結婚といえば、婚姻届けによって苗字が同じになり、結婚式をして、親戚付き合いをして、子どもができて、家族が増えていく、それが一般的な結婚でした。 結婚よって女性は、苗字が変わり、夫の扶養に入ります。一方 …

喧嘩ゼロ!!人と喧嘩をしなくなる秘伝の技3選

  最近、喧嘩をしましたか? 喧嘩をすると疲れますよね。 それでも人間である限り、腹が立って喧嘩をしてしまいます。   恋人と些細なことで喧嘩をしてしまった 親と進路について喧嘩を …

忘れっぽい人必見!大事な用事を忘れないための8つの対策

「あれ、何を取りにきたんだっけ?」とか、 「あの人に何を渡すんだっけ?」など、 ちょっとした事を忘れてしまうこと、ありませんか。 大事な用事を忘れてしまうと、その後の人間関係や仕事に支障が出てしまうこ …

どうすればいいの⁉うまくストレス発散できないときの対処法

ストレス発散と言えば、友達とのおしゃべり、スポーツ、カラオケ、お酒など、日常を忘れて楽しむことですよね。しかし、ストレス発散方法を試しても、心身共に負担になってしまうことがあります。忙しくて、心の余裕 …