メンタルケア 夫婦、パートナーシップ 子育て、親子関係

男性必見!妻が出産後1年以内に妊娠したら夫ができる家事をする方法

投稿日:2019年5月13日 更新日:

第2子目を妻が妊娠したら、嬉しさ一杯です。しかし第1子の時と違うことがあります。

それは、子育てをしながらの妊娠であるということ。

第1子の育児、家事を一遍に行わなければならず、精神的、肉体的にも負担が増えるのです。第1子が年子であればさらに大変でしょう。

その分、家事・育児を今以上に夫が担当しなければいけません。今まで、なんとなく妻にやってもらっていた家事・育児ができますか?

家事・育児は、中途半端なことをすると、かえって妻の手をわずらわせて、ケンカの原因になります。どうすれば、協力し合って第2子を迎えることができるのか、ご紹介します。

Sponsored Link

家事は急にできない

家事は、思った以上に手間がかかるもの、体調が安定しない妻に変わって、できることからやることが大切です。

私の友達は、第1子妊娠のとき、つわりがほとんどなく、なんとか家事をこなせていたのですが、第2子はつわりがひどく、ベッドから起き上がれないほどでした。

今までは、”なんとなく”できていたから夫の協力は必要なく、夫も特に家事も育児も”なんとなく”やらない状態でした。

第2子を妊娠した時は家事も育児もできない状態なので、夫が家事をやろうとしましたが、家電の使い方がわかりません。

やり方を聞こうと妻に聞くと、妻は説明するより自分がやった方が早いので、やってしまいます。

掃除も、洗濯も、食事の用意も、なにも夫ができません。妻は「もういいから何もしないで」っと言うしか無くなりました。

家事をしようにも、日頃からやっていないと、いざというときに何もできないのです。でも、今からだって遅くないのです。全国の夫の皆さん、少しずつできるようになろう!と決意しましょう。

家事ができない?

本当に、夫は何も出来ないままのでしょうか。

夫は自分で何ができるのかを考えて、お皿洗いをしたり、お風呂掃除したり、できることからやってみました。

すると、キッチンはびちょびちょ、お風呂は洗剤が残っていて、滑りそうになってしまいました。私は友達である妻からグチを聞いたあと、当の本人である友人の夫と話をする機会がありました。

友人の夫は、「やろうと思っても、やり方がわからないんだ。お皿洗いもダメ、お風呂洗いもダメ、もう何してもダメだった。」っというのです。

私は「友達も、最初からできていたわけじゃないよ。結婚してから試行錯誤して家事をなんとかやってるって言っていたから、時間をかけてもいいから、できるようになることを考えては?」と伝えてみました。

誰でも最初からできるものはありません。ちょっとやってできないからって、あきらめないで!できるまでやってみましょう。

家事をするために

試行錯誤をしてみましょう。

例えば、お皿洗いをしたあとにキッチンが濡れてしまうことに気が付かないなら、お皿洗いをした5分後キッチンに行ってみる、きっと流しや床が濡れているので、拭いてみる、みんなが滑らないように、次に使う人が気持ちよいように気を付けてみます。

お風呂洗いは、お風呂洗いをして数時間後にお風呂をのぞいてみると、洗剤が乾いているところをみつかります。どうしたら洗剤が残らないのか、どうしたら一回で楽にキレイになるのか、試行錯誤してみます。

妻は、家事をしてみて、どうしたらキレイな状態をキープできるかを考えて行動しています。洗剤を選んで、掃除道具を選んで、家族が快適に過ごせて、清潔でキレイな家を目指しています。同じように、自分で家事を極めてみましょう。

一緒に楽しむ

家事と同じく、慣れない人にとっては育児も、どうしたらいいのか、わからないことだらけです。

妻は、子どもと生活している中で、育児の試行錯誤をしています。おしめの取り換えは、失敗をしながらコツを掴んでいくし、子どもはどの曲が好きなのか、何が食べられるのか、子どもを見つめながら知っていきます。

失敗して、いつまでも泣き止まなかったり、何日も食べなかったり、子どもと一緒に泣いてしまうこともあったでしょう。

友達の夫は仕事が忙しくて、子どもと一緒にご飯を食べる機会が少なかったために、離乳食が終わった子どもが何を食べるのか、知りませんでした。

ある日、子どもが飲むスープの器を持つと、「ぬるい!なんでこんなにぬるいの?」って聞いたら妻は「熱いスープを飲めるわけないでしょ」と答えました。

そこで夫は、初めて子どもの食べ物に意識をしたそうです。それからは、調べて、妻と子どもが好きな食事や体にいい食事など、考えて料理もするようになりました。

妻が第2子を妊娠したら夫ができる家事・育児をする方法 まとめ

1、家事は急にできない

2、家事ができない?

3、家事をするために

4、一緒に楽しむ

家族は協力して生きていくグループです。兄弟ができる第1子と共に、ますます協力し合える家族を目指しましょう。そのカギを握っているのは、貴方ですよ!

-メンタルケア, 夫婦、パートナーシップ, 子育て、親子関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やばっ!独り言が多い人はこんな人!!4つの対処法

・電車の中で、一人でぶつぶつぶつぶつ話しているおじさん ・通りすがりで急に怒り出すおばさん 一人でなんだか楽しそうに道端で笑っているおばさん こういった人たちを見たことはありませんか? 最近はイヤホン …

結婚後に性格が変わってしまった!パートナーと軌道修正する対処法

結婚して幸せいっぱい、これから温かい家庭を彼と築いていこうと思っていたら、夫が豹変!もっと優しかったのに、もっと穏やかだったのに、そんな風に思うくらい夫が変わってしまいました。変わってしまった夫は、ど …

家計を助けて!専業主婦の妻に働いてもらうための3つの技

今の社会では共働きが当たり前になっています。 女性が働くようになった理由として、社会とつながっているために働くなど、人それぞれあるでしょうが、おそらく多くの方は、“家計を助けるため”ではないでしょうか …

結婚はしたいけど親との同居はちょっと…上手に断る方法5つ!

大好きな彼との結婚、新しい生活。しかしいつの時代も「嫁姑問題」には悩まされます。ましてや一緒に住むなんてことになったら…想像するだけでグッタリしてしまいそうですよね。 もしも彼の親と「同居」してほしい …

子どもの相手が苦手な夫の気持ちと、妻ができる対策

  子どもの相手が苦手な夫は何を考えているのか、どうして我が子と積極的に接してくれないのか、子どもの前でオドオドしている夫を見て不思議に思います。 子どもが好きなんじゃないの?、子どもの相手 …