メンタルケア 夫婦、パートナーシップ

結婚しない生き方を選んだ女性に必要なこと

投稿日:2019年5月12日 更新日:

結婚に対して考え方が多様化してきました。

仕事をして、趣味を楽しみ、時間もお金も、自由に使えるような独身。

一方で「本当に結婚しなくていいのかな?」と考えることは、1回2回ではないはず。このまま結婚をしない生き方を選んだらどんなことが起こるのか、どんな行動をとっておくべきなのか、結婚しない生き方のことを知っておきましょう。

独身を貫く会社の先輩の実例から教わる、結婚しない場合の生き方をご紹介します。

Sponsored Link

結婚しないの?という問いにどう答える?

「結婚しないの?」って聞かれるとき、気持ちが落ち着かなくなります。

結婚しないの?と聞くということは、適齢期になったら誰でも結婚するということが前提にある疑問です。考え方が多様化してきた昨今では、結婚をする・結婚をしない、この2択は、誰でも自由に選べます。

しかし、結婚することが“当たり前”と思っている人がまだまだ多く、そういう人からの「結婚しないの?」の疑問には、このままずっと自由に生きていく気なのかな?と気持ちが入っています。

年齢を重ねても自由に生きて、何が悪いのでしょうか。結婚しない、家族を持たない選択は、フットワークが軽い分、充実してやりたいことが果たせる人生です。

もし結婚しない人生を考えるなら、どういう考えでそうしているのか、自分なりの答えを持っておきましょう。

他人の結婚観に惑わされることなく、自分が選んで生きていくことが大切です。

結婚しなくても、パートナーを持つことはできる

結婚しない生き方を選ぶと、パートナーの存在は必要です。

パートナーがいるメリットは、嬉しいことも辛いことも共有できる相手がいるということです。

先輩にはパートナーがいて、休みの日に出掛けたり、一緒に美味しいお店に行って過ごしたり、相談相手であり、よき理解者でもあります。

先輩がインフルエンザになったとき、連絡を受けたパートナーが必要な物や食べ物を買い込んで、来てくれたそうです。

先輩のパートナーは、家事をして、空気の入れ替えをして、手厚く看病をしてくれました。「うつるから、早く帰った方がいいよ」って心配しても、気にすることなく一緒に居てくれて、感謝してもしきれないと、パートナーの存在の有り難みを感じた瞬間だと先輩は言っていました。

体調が悪い時に一人暮らしだと、誰かに手伝ってほしいと思うことがありますが、パートナーがいることによって、甘えることができます。年齢を重ねて、体の不調がでたときに、誰かに頼らなければなりません。その相手が、パートナーだと安心して頼れます。

ただ、パートナーとお互いの人生のことをよく話し合う必要があります。結婚をしない生き方を選んでも、相手が望んでいなかったら成立はしません。

先輩のパートナーはバツイチで、結婚も、新しい人と付き合うことも考えられないという人です。両親は他界していて、兄弟とはたまに連絡を取り合う程度、今の状態が心地よいと考えています。

そして、先輩とパートナーは同棲おらず、お互いの家に泊まり合っているため、自分の時間も確保できるのです。無理なく付き合っていられて、お互いに心地よい距離感なので、ずっと続くような関係を築いています。

結婚はしなくても、体調が悪い時に来てくれる友達以上、家族未満のパートナーの存在は、必要かもしれませんね。

恋人という存在でなくてもいいのです。頼れる場所を見つけて、孤立しないようにしておくことが大切です。

自分の家を用意する

結婚をしない生き方を選ぶと、老後のことを自分で考えなくてはいけません。

当時、高齢者の孤独死のニュースが多く報じられていたことから、先輩は、明日は我が身と考えました。高齢者になって、この先マンション自体が無くなることがあったら、行くところがありません。

自分の家を手に入れるメリットは、自分が気に入った場所を選べることです。

先輩は、駅から5分、通勤に乗り換えなしで、大通りの前の賃貸のマンションに住んでいました。孤独死のニュースがきっかけで、少しでも若いうちに分譲マンションを買っておきたい、分譲マンションだったらずっと自分のもので、安心して生活できると考えて、早速行動にうつしました。

新しいマンションは、駅から徒歩10分、通勤は乗り換えが必要ですが、駅前は栄えていて、閑静な住宅街の中にあって、ゆっくりできる場所です。マンションも、最寄り駅も、地域も、気に入った場所に住むことができました。

自分の家を手に入れるデメリットは、分譲マンションを選ぶときです。

パートナーにも相談しながら、情報収集をしました。住む地域のことや、近くの病院、アクセスの良さ、ずっと住むと思うと条件が良い場所を選びたいものです。

金銭面では、分譲マンションを今後支払っていけるのか、健康で、給料が減ることなくもらえるのか、とても不安でした。

分譲マンションを購入するにあたり、いっぺんにたくさんのことを考えて決めなければいけないので、このときばっかりは、結婚してれば2人で手分けできるのにって思ったそうです。

年齢を重ねても居られる、自分の家を用意することは、結婚しない生き方には必要なのかもしれません。

結婚しない生き方を選んだ女性に必要なこと まとめ

1、結婚しないの?という問いにどう答えるか?

2、結婚しなくても、パートナーを持つことはできる

3、自分の家を用意する

結婚しない生き方を選ぶと、自分の好きなように生きていけますが、全て自分で決めなければなりません。何が大切かといえば、安心して生活できることを選択していくことです。

-メンタルケア, 夫婦、パートナーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物を捨てたがる妻…夫はどう対応すればいいのか?対処法4つ!

「大事なものを勝手に捨てられた」というのが原因で、夫婦ゲンカになったことはありませんか?些細なことのように思えますが、実際にこれが理由で「離婚」や「警察沙汰」になってしまった夫婦もいるのです。 いくら …

片付けたくても片付けられない人必見。やる気が出ないときの対処法

部屋を片付けたい、部屋を片付けなきゃ! それは永遠のテーマと言っていいほど多くの人が常に考えていることでしょう。 同時に、ホテルのようなスッキリした空間で暮らしたい、必要な物だけに囲まれてモデルルーム …

どうすればいいの⁉うまくストレス発散できないときの対処法

ストレス発散と言えば、友達とのおしゃべり、スポーツ、カラオケ、お酒など、日常を忘れて楽しむことですよね。しかし、ストレス発散方法を試しても、心身共に負担になってしまうことがあります。忙しくて、心の余裕 …

体調不良は配偶者が原因かも。カサンドラ症候群の原因とケア方法

  あなたはカサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか? この言葉はよく、アスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラム障害と対にして聞かれることが多い言葉です。 自閉症スペクトラム障 …

おすすめの恋愛小説3選。あなたじゃなきゃダメな純愛を疑似体験

恋愛小説は、他人同士の恋愛を覗きみているような感覚になります。 人によって恋愛観は様々。 職業、年齢、性別、性格…その人の環境が違えば恋愛観も全く違ったものであることも。 恋愛小説の醍醐味は、大恋愛を …